シーバ(期間限定品)のパッケージ画像

CMに登場するブリティッシュショートヘアのモデル猫や、”外はカリカリ・中はとろ~り”という独特な食感のドライフードが印象的な「Sheba(シーバ)」。

今回はそんなシーバを愛猫に与えている方々の口コミ・評判を153件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとにしながら総合的な評価をしているので、ぜひ愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

シーバ(猫用)の悪い口コミ・評判

シーバ(猫用)の悪い口コミ・評判は「期待していたのに全然食べない」、「ほかの市販のフードと比べると少し高い」、「我が家の猫には合わなかった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、猫は食の好みが激しい動物ということや、使われている原材料の内容と割合が関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきは今ひとつ(18件)
  • 値段が高い(6件)
  • 我が家の猫には合わなかった(5件)
  • 気になる原材料が多い(3件)
  • 大粒で食べづらそう(2件)

という結果になっています。

なお、口コミ・評判は2020年6月にAmazon、楽天、ツイッター、インスタグラムで調査し、2023年8月にX(旧ツイッター)で追加調査を行いました。

食いつきは今ひとつ

シーバの悪い口コミ・評判で一番多かったのは「食べない」、「食べなくなった」という食いつきの悪さを指摘するレビューでした。

ただ、全体を通してみれば食いつきのよさを評価するレビューの方が圧倒的に多く、嗜好性に関してはワンランク上のフードと捉えて良さそうです。

それと、レビューを詳しく調査してみると「シーバ デュオは大好きだけどシーバ ディライトは嫌いみたい」といった内容の感想も目立ち、形状の違いも嗜好性に影響を与えている可能性が考えられます。

値段が高い

次に多かった悪い口コミ・評判は、「シーバは値段が高い」というレビューです。

市販のキャットフードの中ではやや高めな値段で販売されている理由は、独特な形状をしていることと肉原材料の割合が比較的多いこと、そして箱の中で袋が小分けされているからだと思います。

食いつきのよさが魅力的なシーバですが、継続して与えられないのならあまり意味がないので、現実的に継続できる価格かどうかまで考えてシーバの購入を検討することをおすすめします。

我が家の猫には合わなかった

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は「我が家の猫には合わなかった」といった内容のレビューで、具体的には「軟便・下痢気味になった」、「吐く回数が増えた」というレビューを確認できました。

下痢気味になったり吐く回数が増える原因として考えられるのは、餌の急な切り替えか食物アレルギーです。

まず、餌の急な切り替えは消化の負担になってしまうので、シーバに慣れるまでの一時的に下痢・嘔吐が増える可能性があります。

 

また、シーバのドライフードには小麦とトウモロコシが使われていますが、穀物の中でもこれらはアレルギーの原因になりやすい傾向にあります。

もし食に敏感でお腹が弱い愛猫にシーバを与えようと考えているなら、タンパク源の種類にも注目して購入を検討するといいでしょう。

気になる原材料が多い

調査した口コミ・評判の中には、「気になる原材料が使われている」といった内容のレビューがあり、特に着色料が使われているのを気にする声が印象的でした。

シーバのドライフードには、人工の酸化防止剤・着色料が使われています。

もちろん、どちらも定められた最大基準を超えないように使われていますが、最近は天然由来の酸化防止剤が使われているフードが増えてきています。

 

それに加えて、猫は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないため、猫目線で考えれば着色料を使って色味をつけることに意味はありません。

そして、人工の酸化防止剤・着色料は必ずしも使う必要のない添加物というころもあり、安全性最優先でフードを選びたいと考えている愛猫家からは敬遠されがちな傾向があります。

大粒で食べづらそう

通販サイトとSNSで口コミ・評判を調査していると、「シーバは大粒で食べづらそう」というレビューも確認できました。

内側にクリーム状の素材が入っているシーバデュオは確かに一般的なドライフードよりも大粒なので、体の小さな猫や歳を取って顎の力が弱くなったシニア猫には食べづらい可能性があります。

とは言え、小柄でも噛みごたえのある大きめの粒が好きな場合もありますし、粒の大きさについてのレビューはあまり参考にならない・・・というのが率直な感想です。

▼総合評価をチェックする
キャットフード「シーバ」の総合評価

シーバ(猫用)の良い口コミ・評判

シーバ(猫用)の良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「小分けされていて使いやすい」、「我が家の猫には合っている」といった内容のレビューがあり、特に食いつきのよさを評価するレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、シーバからは様々な風味のドライフードとウェットフードが販売されており、猫の食の好みに合わせやすいことが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(102件)
  • 食べきりサイズが便利(13件)
  • 我が家の猫には合っている(2件)
  • 信頼できるブランド(2件)

という結果になっています。

食いつきがいい

シーバの口コミ・評判で圧倒的に多かったのが「食いつきがいい」というレビューで、「シーバしか食べないくらい大好き」という感想や、「人間の私が食べても美味しい」といった感想が印象的でした。

粒の内側がクリーム状になっているシーバデュオはもっと好き嫌いが分かれると思ったのですが、ここまで食いつきがいいという評価に偏ったのは、様々な風味のラインナップを取り揃えていることが関係していそうです。

また、シーバはウェットフードもラインナップが豊富で、食にこだわりのあるグルメな愛猫の好みに合わせて選びやすいことが強みと言えますね。

食べきりサイズが便利

次に多かった良い口コミ・評判は、「食べきりサイズが便利」といった内容のレビューです。

シーバには【シーバ デュオ/シーバ デュオプラス/旅するシーバ/シーバ ディライト】といった3シリーズのドライフードがありますが、どのシリーズも箱・袋の中で小分けされているため、風味が落ちる前に使い切ることができます。

保存方法にもあまり気を使わなくていいので、色々な風味をローテーションしたいという場合にも便利ですね。

我が家の猫には合っている

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「我が家の猫には合っている」というレビューです。

この理由として考えられるのは、各シーバデュオシリーズには動物性原材料が主原料として使われていることに加えて、適度にタンパク質が含まれていることです。

その一方で、フードの販売価格が安くなるほど動物性原材料の割合が減って穀物の割合が増える傾向にありますが、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではありません。

 

そして、穀物の割合が多い低タンパク・高炭水化物のフードは、下痢・嘔吐といった消化不良の原因になりえます。

なお、最近はグレインフリー(穀物不使用)フードに注目が集まっていますが、穀物全般にアレルギーのない猫ならグレインフリーにこだわりすぎる必要はありませんよ。

信頼できるブランド

良い口コミ・評判の中には、「”シーバ”というブランドを信頼してリピート購入している」というレビューもありました。

シーバを取り扱っているペットショップやホームセンターは多いですし、どこにでも売られているメジャーな商品ということが安心感に繋がっていると思われます。

シーバ(猫用)の口コミ・評判まとめ

シーバ(猫用)の悪い口コミ・評判は「期待していたのに全然食べない」、「ほかの市販のフードと比べると少し高い」、「我が家の猫には合わなかった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、シーバ(猫用)の良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「小分けされていて使いやすい」、「我が家の猫には合っている」といった内容のレビューがあり、特に食いつきのよさを評価するレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、シーバからは様々な風味のドライフードとウェットフードが販売されており、猫の食の好みに合わせやすいことが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食いつきは今ひとつ
  • 値段が高い
  • 我が家の猫には合わなかった
  • 気になる原材料が多い
  • 大粒で食べづらそう
  • 食いつきがいい
  • 食べ切りサイズが便利
  • 我が家の猫には合っている
  • 信頼できるブランド

キャットフード「シーバ」の種類

キャットフード「シーバ」には4シリーズのドライフードとウェットフード、2シリーズのおやつがあり、それぞれで風味や対応年齢が違う商品を取り揃えています。

ドライフード

シリーズ 対象 商品名
シーバ デュオ 子猫 香りのまぐろ味セレクション
クリーミーミルク味
成猫 香りのまぐろ味セレクション
鶏ささみ味と海のセレクション
旨みがつお味セレクション
クリーミーチーズ味セレクション
贅沢シーフード味セレクション
贅沢お魚味グルメセレクション
厳選海の幸セレクション
厳選お魚とお肉味グルメセレクション
クリーミーミルク味セレクション
15歳以上 香りのまぐろ味セレクション
クリーミーミルク味
シーバ デュオ プラス 成猫 毛玉ケアセレクション
お腹の健康ケアセレクション
シーバデュオ 旅するシーバ 成猫 贅沢チーズ味仕立て お魚とチーズの味めぐり
厳選かつおだし味仕立て 5種のおさかな味めぐり
旨みチキン味仕立て チキンと魚介の味めぐり
シーバ ディライト 成猫 3種のお魚ミックス まぐろ・かつお・サーモン味
お肉お魚味ミックス チキン・白身魚・まぐろ味
旨みチーズ味とお魚ミックス まぐろ・サーモン・チーズ味
室内猫用 まぐろ・かつお・サーモン味
毛玉ケア まぐろ・かつお・サーモン味
下部尿路ケア まぐろ・かつお・サーモン味
肥満が気になる猫用 チキン・白身魚・まぐろ味
15歳以上 腎臓と関節の健康ケア まぐろ・かつお・サーモン味

ドライフードのシリーズは【シーバ デュオ】、【シーバ デュオプラス】、【シーバ デュオ 旅するシーバ】、【シーバ ディライト】の4シリーズです。

主力商品と言えるのが【シーバ デュオ】で、冒頭や口コミ・評判の項目でも説明したように、内側がクリーム状になっているのが特徴です。

4種類の風味が入った”セレクション”も販売されており、同じ味ばかりだと食べ飽きてしまうグルメな愛猫にも対応しやすくなっています。

 

【シーバ デュオプラス】は特定の悩みに配慮されたシリーズで、”毛玉ケア”と”お腹の健康ケア”の2種類が製造・販売されています。

【シーバ ディライト】については、素材のうま味にこだわったシリーズになっています。

ウェットフード(トレイ)

シリーズ 対象 商品名
シーバ 一皿の贅沢 全年齢 お魚ミックス(厳選ツナ・白身魚入り)
お魚ミックス(厳選サーモン・シーフード入り)
お魚お肉ミックス(厳選白身魚・チキン入り)
お魚お肉ミックス(厳選ツナ・チキン入り)
厳選ツナ

トレイタイプのウェットフード【一皿の贅沢】は、どれに関しても子猫からシニア猫にまで対応した主食用ウェットフードなので、ドライフードのトッピング用としてだけでなく、毎日の主食として与えることもできます。

ウェットフード(パウチ)

シリーズ 対象 商品名
シーバ リッチ 子猫 お魚ミックス まぐろ・たい入り
成猫 まぐろ
ささみ
お魚ミックス まぐろ・たい入り
お魚ミックス かつお・サーモン入り
お魚ミックス 蟹かま・白身魚入り
お魚にささみ添え
お魚にかつお節添え
お魚に蟹かま添え
シーフードミックス まぐろ・蟹かま入り
3種のセレクション お魚グルメアソート
3種のセレクション シーフードアソート
3種のセレクション 鶏ささみ味と海のアソート
18歳以上 お魚ミックス まぐろ・たい入り
お魚にささみ添え
2種のセレクション 鶏ささみ味と海のアソート
シーバ 自然素材レシピ 成猫用 まぐろ
かつお
まぐろ・かつお入りささみ

パウチタイプのウェットフード【シーバ リッチ】は、シーバのウェットフードの中では一番ラインナップが豊富です。

成猫用とシニア猫用はおかず用ウェットフードですが、子猫用に関しては主食用ウェットフードとなっています。

【シーバ 自然素材】レシピに関しては、着色料・発色剤が使われていないパウチタイプのウェットフードです。

ウェットフード(スープ)

シリーズ 対象 商品名
シーバ アミューズ 成猫 お魚の贅沢スープ まぐろ、かつお節添え
お魚の贅沢スープ ささみ添え
贅沢シーフードスープ 蟹かま、サーモン添え
お魚スープ 究極の2択
15歳以上 お魚の贅沢スープ まぐろ、かつお節添え
18歳以上 お魚の贅沢スープ まぐろ、かつお節添え

スープタイプのウェットフード【シーバ アミューズ】は、通常のウェットフードよりもさらに水分量が多くなっています。

そのため、ドライフードのトッピング用としてだけでなく、水分補給目的でそのまま与えるのもいいでしょう。

おやつ

シリーズ 対象 商品名
シーバ とろ〜りメルティ 成猫 夢中のお魚づくし
とりささみ味の誘惑
海の幸の魅惑
まぐろ味セレクション(4本入り)
かつお味セレクション(4本入り)
とりささみ味セレクション(4本入り)
まぐろ&かつお味セレクション(4本入り)
シーフード味セレクション(4本入り)
まぐろ味セレクション(20本入り)
かつお味セレクション(20本入り)
とりささみ味セレクション(20本入り)
海の幸セレクション(20本入り)
お魚味グルメセレクション(20本入り)
まぐろ&とりささみ味セレクション(20本入り)
たい味セレクション(20本入り)
まぐろ&かつお味セレクション(40本入り)
とりささみ&お魚味セレクション(40本入り)
海の幸グルメセレクション(40本入り)
贅沢シーフードセレクション(40本入り)
とりささみ味&チーズ味セレクション(40本入り)
まぐろ&かつお味グルメセレクション(60本入り)
とりささみ味&海の幸グルメセレクション(60本入り)
シーバ とろ〜りメルティ 自然素材レシピ 成猫 まぐろ味とサーモン味セレクション フレーク入り
まぐろ味とかつお味セレクション
とりささみ味と白身魚味セレクション フレーク入り
まぐろ味セレクション(20本入り)

【とろ〜りメルティ】はちゅ〜るのようなスティックタイプのおやつで、風味のラインナップが豊富なこともあり、愛猫の食の好みに合わせて選びやすくなっています。

【とろ〜りメルティ 自然素材レシピ】に関しては、着色料・発色剤不使用のシリーズです。

▼総合評価をチェックする
キャットフード「シーバ」の総合評価

シーバ(猫用)の原材料の評価

原材料一覧
肉類(チキンミール牛・羊副産物、チキンエキス、家禽ミール、ささみエキス、ビーフエキス等)、穀類(とうもろこし、米、小麦等)、油脂類、酵母、魚介類(まぐろエキス、ずわいがにエキス、たいエキス、ほたてエキス等)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(Ca、Cl、Cu、Fe、I、K、Mn、Na、Se、Zn)、アミノ酸類(タウリン)、着色料(カラメル、青2、赤102、黄4)、酸化防止剤(BHA、BHT、クエン酸)
※アレルギーの原因になりやすい原材料、品質・内容が不明瞭な原材料、気がかりな添加物は赤色で記載

ここからは、シーバ(猫用)の原材料を評価していきます!
(※表はシーバ デュオ「香りのまぐろ味セレクション」の原材料一覧です)

品質・内容が不明瞭な原材料あり

ドライフードの各シーバデュオについては、穀物ではなく肉類を主原料として使っている点は評価できます。

ただ、肉類(ミール)の品質についての説明は特に見当たらず、“家禽・等・油脂類”といった内容が不明瞭な記載が見られることや、副産物が使われていることが気になりました。

なお、シーバディライトについては、肉類ではなく小麦が主原料として使われています。

人工の酸化防止剤・着色料を使用

口コミ・評判の項目でも説明したように、シーバデュオには人工の酸化防止剤・着色料が使われています。

人工の酸化防止剤はフードの酸化を抑えるために使われるもので、「基準内なら使われていても気にならない」という考え方も、「使われていること自体が気になる」という考え方も間違いとは言い切れません。

ただ、食べ物の見た目で良し悪しを判断していない猫目線で考えれば、着色料を使ってフードに色味をつける必要性はありません。

シーバディライトにも人工の酸化防止剤・着色料は使われているので、これらの添加物が使われていることも加味して購入を検討するといいでしょう。

シーバ(猫用)の成分の評価

成分表
タンパク質 30.0%以上
脂質 17.0%以上
粗繊維 5.0%以下
灰分 10.0%以下
水分 12.0%以下
エネルギー
(100gあたり)
405kcal

原材料の次は、シーバ(猫用)の成分を評価していきます。
(※表はシーバ デュオ「香りのまぐろ味セレクション」の成分表です)

やや高脂質で高カロリーな成分バランス

シーバ デュオの「香りのまぐろ味セレクション」は肉類が主原料のドライフードということもあってか、穀物が主原料に使われた激安フードに比べると脂質がやや高く、100gあたりのカロリーは405kcalと高カロリーです。

こういった成分バランスは運動量が多い活発な猫、たくさんの量を食べられない食の細い猫に向いています。

その逆に、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある愛猫用フードとしてのおすすめ度は下がります。

▼総合評価をチェックする
キャットフード「シーバ」の総合評価

シーバ(猫用)の給餌量について

体重 1日あたりの給餌量
2kg 30g
3kg 40g
4kg 50g
5kg 60g
6kg 70g

シーバ デュオの「香りのまぐろ味セレクション」の成猫向けの給餌量の目安は表の通りです。

その他のラインナップもパッケージに体重別の給餌量が掲載されていますが、いずれに関してもあくまで目安量でしかありません。

実際には飼育環境や体質によって適量が変わってくるので、餌を切り替えてからしばらくの間はこまめに体重を量って給餌量を調整するようにしましょう。

例えば、運動量が控えめで消費カロリーが少ない成猫やシニア猫の場合には、餌の量を1~2割程度減らすのがおすすめです。

 

また、餌を食べすぎてしまう傾向のある場合には、ご飯の回数を増やすことで空腹を感じにくくさせることができるので試してみてください。

なお、生後1年未満の子猫には子猫用フードを与えるべきですが、育ち盛りの子猫はたくさんの栄養が必要なので、生後半年くらいまでの間はあまり神経質になりすぎずに欲しがるだけ食べさせて大丈夫ですよ。

最安値は?公式・楽天・Amazonで値段を調査!

内容量 公式 楽天 Amazon
200g 396円
200g×4 1,592円

公式サイトとAmazon、楽天市場でシーバ デュオの「香りのまぐろ味セレクション」の販売価格を調査してみたところ、公式サイトからは直接購入することはできず、Amazonでは単品販売はされていませんでした。
(※販売状況と販売価格は2023年7月に確認しました)

そして、楽天の最安値は1個(200g)396円という結果になりました!

また、Amazonの4個セットの最安値も表にまとめたので、購入時の参考にしてみてください。

ペットショップやホームセンターでもシーバを取り扱っている店鋪は多いですが、通販サイトは購入金額など条件付きで送料無料となる販売店もあるので、継続して購入する場合は通販サイトでまとめ買いするのがお手軽です。

キャットフード「シーバ」の総合評価

項目 詳細
原材料 2.0
成分 3.0
安全性 1.0
食いつき 5.0
コスパ 4.0
総合評価 Dランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
396円/200g
※シーバデュオ「香りのまぐろ味セレクション」
※2023年7月に楽天・Amazonで確認
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 タイ
(シーバデュオ)
販売会社 マースジャパンリミテッド

当サイトのキャットフード「シーバ」の総合評価はDランクです。

品質・内容が不明瞭な原材料が使われていたり、ドライフードに人工の酸化防止剤・着色料が使われていることは気になるものの、様々な風味や形状のフードを販売していて愛猫の好みに合わせやすいという強みがあります。

実際に「食いつきがいい」という口コミ・評判が多いですし、比較的お手頃な値段で販売されていることも評価できます。

いくら品質にこだわったフードを購入しても食いつきが悪ければ意味がないですし、品質・安全性・価格だけでなく、食いつきも含めた4つのバランスが取れていると思えるフードを購入するのが一番おすすめです。