シシアキャットフードの評判は?愛猫家の口コミを踏まえて徹底評価!

合成保存料・香料・着色料といった添加物が使われていないだけでなく、厳選した高品質な原材料が使われているイタリア産のキャットフード「Schesir(シシア)」。

そんなシシアキャットフードの口コミ・評判を68件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひ愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

シシアキャットフードの悪い口コミ・評判

シシアキャットフードの悪い口コミ・評判は「期待していたけどあまり食べない」、「市販の国産フードと比べると高い」といった内容のレビューがあり、特に食いつきの悪さを指摘するレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、猫は好き嫌いが激しい動物ということだけでなく、シシアには人工の香料が使われていないことが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきは今ひとつ(10件)
  • 価格が高い(3件)

という結果になっています。

なお、口コミ・評判は2020年8月にAmazon、楽天、ツイッター、インスタグラムで調査し、2023年6月にツイッターとインスタグラムで追加調査を行いました。

食いつきは今ひとつ

今回調査した68件の口コミ・評判のうち、食いつきの悪さを指摘するレビューが10件ありました。

食いつきがいいというレビューに比べれば少ないですが、どんな猫でも絶対に食いつきのいいフードはまずありえないというのも事実です。

ただ、シシアは何種類もの風味のウェットフードを取り揃えているのは強みと言えます。

価格が高い

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「シシアは価格が高い」というレビューでした。

シシアは厳選された高品質な原材料が使われているだけでなく、合成保存料・香料・着色料といった添加物が使われていないキャットフードというだけあって、店頭のペットフードコーナーでよく見かける激安フードと比べるとかなり価格は高いです。

いくら品質のいいフードを購入しても継続できなければ意味がないので、現実的に継続できる価格かどうかということまで考えて購入することをおすすめします。

▼総合評価をチェックする
シシアキャットフードの総合評価

シシアキャットフードの良い口コミ・評判

シシアキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「安心して愛猫に食べさせられる」、「品質と価格のバランスが取れている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、シシアには何種類ものラインナップがあって食の好みに合わせやすいことや、合成保存料・香料・着色料といった添加物が使われていないことが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(42件)
  • 原材料に安心感がある(8件)
  • 成分バランスがいい(3件)
  • お手頃な値段(2件)

という結果になっています。

食いつきがいい

シシアの口コミ・評判で一番多かったのが、「食いつきがいい」というレビューです。

食いつきの悪さを指摘するレビューとの割合を踏まえると、シシアの嗜好性は平均レベルよりもワンランク上と捉えて良さそうですね。

シシアは選ぶのに迷ってしまうくらい豊富なラインナップがあり、食にこだわりのあるグルメな愛猫の好みにも合わせやすくなっています。

原材料に安心感がある

次に多かった良い口コミ・評判は、「原材料に安心感がある」といった内容のレビューです。

キャットフードの中には合成保存料や人工の着色料が使われているものもありますが、シシアには合成保存料・香料・着色料といった添加物は使われていません。

合成保存料はフードの品質の劣化を抑えるために使われるものの、香料に頼らず原材料そのものの香りを活かして風味を整えることはできます。

 

また、そもそもの問題として猫は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、猫目線で考えれば着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はありません。

このような理由もあり、着色料が使われているフードは人工のもの天然由来のものにかかわらず、安全性最優先でフードを選びたいと考えている愛猫家からは敬遠されがちな傾向があります。

成分バランスがいい

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「シシアは成分バランスがいい」といった内容のレビューでした。

これは以前販売されていたドライフードについてのレビューで、シシアのドライフードはマグネシウム含有量に合わせてリンとカルシウムの含有量がしっかりと調整されていました。

また、毛並み・毛艶に関わる成分であるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の含有量についても、理想的と考えられているバランスに近くなっていました。

お手頃な値段

「価格が高い」というレビューとは対照的に、「お手頃な値段」というレビューもありました。

これも以前販売されていたドライフードについてのレビューで、シシアのドライフードは決して安いとは言えない価格帯ではありましたが、プレミアムフードの中にはシシアの2倍以上の価格で販売されているものも珍しくありません。

そして、品質と価格のバランスを踏まえてシシアを購入している方も見られました。

シシアキャットフードの口コミ・評判まとめ

シシアキャットフードの悪い口コミ・評判は「期待していたけどあまり食べない」、「市販の国産フードと比べると高い」といった内容のレビューがあり、特に食いつきの悪さを指摘するレビューが多い傾向にありました。

その一方で、シシアキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「安心して愛猫に食べさせられる」、「品質と価格のバランスが取れている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、シシアには何種類ものラインナップがあって食の好みに合わせやすいことや、合成保存料・香料・着色料といった添加物が使われていないことが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食いつきは今ひとつ
  • 価格が高い
  • 食いつきがいい
  • 原材料に安心感がある
  • 成分バランスがいい
  • お手頃な値段

シシアキャットフードの種類

シシアキャットフードには缶詰タイプとパウチタイプのウェットフードがあり、どちらも非常にラインナップが多くなっています。

なお、以前はウェットフードだけでなくドライフードも販売されていましたが、現在は販売されていないようです。
(※2023年6月の調査時点の情報です)

缶詰タイプ

タイプ(シリーズ) 商品名
ゼリー キトン ツナ&アロエ
ツナ
ツナ&アロエ
ツナ&キヌア
ツナ&エビ
ツナ&ハム
ツナ&ビーフフィレ
チキンフィレ
チキンフィレ&ハム
シニア チキンフィレ&アロエ
シニア ツナ&アロエ
クッキングウォーター サーモン
ツナ&チキンフィレ&ライス
ツナ&ビーフフィレ&ライス
フルーツ ツナ&キウイ
ツナ&パパイヤ
ツナ&マンゴー
ツナ&パイナップル
チキンフィレ&アップル
チキンフィレ&パイナップル
マルチパック チキンフィレ
ツナ
ツナ&エビ
ツナ&パパイヤ
ツナ&ビーフフィレ
ナチュラルグレービー チキンフィレ&エビ
ツナ&サーモン
ツナ&シーブリーム
ツナ&ビルチャード

缶詰タイプのウェットフードには【ゼリー】、【クッキングウォーター】、【フルーツ】、【マルチパック】、【ナチュラルグレービー】という5つのタイプ(シリーズ)があります。

食の好みに合わせやすい豊富な風味と形状が魅力と言えますが、どのラインナップに関してもおかず用ウェットフードとなっていることには気をつけてください。

おかず用ウェットフードだけでは必要な栄養をバランスよく摂り入れることができないので、主食用ドライフードにトッピングして与えたりおやつやご褒美として与えるようにしましょう。

パウチタイプ

タイプ(シリーズ) 商品名
スープ ツナ&イカ
ツナ&パパイヤ
ツナ&パンプキン
チキン&パンプキン
ピンクサーモン&キャロット
ナチュラル レッドサーモン&キャロット
チキン&ビーフ
チキン&ムレット
チキンフィレ&シーバス
チキンフィレ&ハム
ツナ
ツナ&エビ
ツナ&サーディン
ツナ&サーモン
ツナ&シーブリーム
ツナ&チキンフィレ&エビ
ツナ&ハム

パウチタイプのウェットフードは、【スープ】と【ナチュラル】の2タイプ(シリーズ)です。

缶詰タイプのウェットフードと同じように、パウチタイプのウェットフードもおかず用ウェットフードとなっているので、愛猫が欲しがるからといってウェットフードばかりを与えないようにしてくださいね。

▼総合評価をチェックする
シシアキャットフードの総合評価

シシアキャットフードの原材料の評価

原材料一覧
ツナ50%、米2%、ビタミンA1325IU、ビタミンE15mg、タウリン160mg

ここからは、シシアキャットフードの原材料を評価していきます!
(※表はゼリータイプ「ツナ」の原材料一覧です)

合成保存料・香料・着色料は不使用

合成保存料・香料・着色料といった添加物が使われているキャットフードは珍しくありませんが、口コミ・評判の項目で説明した通り、シシアにはそれらの添加物が使われていません。

また、ゼリータイプ「ツナ」の原材料一覧を見てみると非常にシンプルで、内容が不明瞭な原材料が一切見当たらないことも安心感に繋がりますね。

米が使われていることから、穀物全般が体質に合わない愛猫には対応できないものの、米はアレルギーの原因になりにくいタンパク源ですし、食に敏感でお腹が弱い愛猫でなければ特に気にする必要はないでしょう。

シシアキャットフードの成分の評価

成分表
粗たん白質 14%
粗脂肪 0.3%
粗繊維 0.1%
粗灰分 1%
水分 84%
カロリー
(100gあたり)
54kcal

原材料の次は、シシアキャットフードの成分を評価していきます。
(※表はゼリータイプ「ツナ」の成分値です)

おかず(トッピング)用のウェットフード

シシアを愛猫に与えようと考えている場合に押さえておきたいのは、主食用ではなくおかず(トッピング)用のウェットフードということです。

おかず用ウェットフードだけでは必要な栄養をバランスよく摂り入れられないので、いつもの主食用ドライフードにトッピングして与えたり、留守番やしつけ後のご褒美やおやつ代わりに与えるようにしましょう。

シシアはラインナップが非常に多く、同じ風味のフードをすぐに食べ飽きてしまうグルメな愛猫にも対応しやすいことは大きな強みと言えます。

▼総合評価をチェックする
シシアキャットフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
85g 363円
85g×6個 1,312円 1,880円

シシアの販売状況を調査してみたところ、シシアの日本版の公式サイトは作成されていないようです。
(※販売状況と販売価格は2023年6月に確認しました)

そして、楽天とAmazonでウェットフードの「ゼリータイプ・ツナ」の販売価格を調査した結果、Amazonではバラ売りはされておらず、6缶セットの最安値は楽天という結果になりました!

シシアを店頭で販売しているペットショップやホームセンターは少ないので、シシアを買うなら販売状況も一緒に確認できる通販サイトを利用するのがお手軽です。

ネット通販ならわざわざ重い袋を持ち運ばなくて済みますし、送料無料となる販売店もありますからね。

シシアキャットフードの総合評価

項目 詳細
原材料 4.0
成分 3.0
安全性 5.0
食いつき 4.0
コスパ 3.0
総合評価 Bランク
(S~Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
363円/85g
1,312円/85g×6個 
※ウェットフード(缶詰) ゼリータイプ・ツナ
※2023年6月にAmazon・楽天で確認
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 タイ

当サイトのシシアキャットフードの総合評価はBランクです。

厳選された高品質な原材料が使われていることに加えて、合成保存料・香料・着色料といった添加物が使われていないことが魅力的です。

また、ラインナップが非常に多く、食にこだわりのあるグルメな愛猫の好みに合わせやすいことも強みと言えます。

「いつもの愛猫のご飯(ドライフード)をおかず用ウェットフードで手軽にアレンジしたい」と考えているなら、一度シシアをお試ししてみる価値はあるでしょう。