プレミアムキャットフードのおすすめ10選|比較すべき要素も解説!

最近は色々なプレミアムキャットフードが販売されていますが、

「そのほかのキャットフードとの違いがイマイチ分からない」

「どれを選べばいいのか分からない」

という飼い主の声も少なくありません。

この記事ではおすすめできる内容のプレミアムキャットフードを紹介しているので、ぜひ愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

プレミアムキャットフードとは?

“プレミアム”という言葉から「特別感がある」、「高級感がある」、「安心感がある」という印象があるかもしれませんが、実は特にこれといった基準があるわけでもなく、プレミアムキャットフードの品質・内容にはバラつきがあります。

ただ、多くのプレミアムキャットフードに共通する特徴があるので、順番に解説していきますね。

肉類の割合が多くて穀物の割合が少ない

多くのプレミアムキャットフードは、肉類の割合が多くて穀物の割合が少ないです。

それに対して、安さをウリにしたキャットフードのほとんどが穀物を主原料として使っています。

この理由は単純で、穀物は肉類よりも安く仕入れることができるからです。

 

その一方で、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手で、高炭水化物のフードは下痢・嘔吐といった消化不良の原因になりえます。

そのため、プレミアムキャットフードの多くは肉類の割合を増やして高タンパク・低炭水化物に仕上げられており、穀物が一切使われていないグレインフリーのレシピを採用しているフードも目立ちます。

厳選された良質な原材料が使われている

プレミアムキャットフードには、厳選された良質な原材料が使われていることが多いです。

例えば、低価格帯のフードには”ミートミール”、”家禽ミール”といった肉類が使われている傾向がありますが、具体的に何の動物の肉が使われているか分かりませんし、人間用の食肉として出回らない部位が使われている可能性があります。

それに対して、プレミアムキャットフードの原材料一覧には”乾燥鶏肉”、”骨抜きチキン”といったように原材料の内容が明記されているものが多いです。

また、”ミール”を使っている場合、パッケージや公式サイトに品質についての補足が掲載されていることがほとんどです。

必要のない人工添加物が使われていない

そのほかの特徴として、プレミアムキャットフードの多くには猫にとって必要のない人工添加物が使われていないことが挙げられます。

安さ重視のキャットフードには赤色○号、黄色○号といった人工の着色料が使われていることが多いです。

ただ、猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているので、猫の立場になって考えれば着色料を使ってまで色味をつける意味はありません。

 

それなのに色味をつけているのは、猫ではなく飼い主である私たちの興味を惹くためです。

また、お手頃な値段で販売されているフードには人工の香料・調味料を使って風味が整えられている傾向がありますが、プレミアムキャットフードのほとんどは原材料そのものの香りを活かして風味が整えられています。

プレミアムキャットフードのおすすめの選び方

プレミアムキャットフードを選ぶ上で、いくつかの注目しておきたい要素があります。

予算状況によってもフードの選択肢は変わってきますが、自分なりに品質と価格のバランスが取れていると思えるフード選びの参考にしてみてください。

余計な人工添加物が使われていないかどうか

まず注目したいのは、余計な人工添加物(香料・着色料)が使われていないかどうかです。

と言っても、プレミアムキャットフードと名乗っている以上、それらの人工添加物が使われているフードを探す方が手間だとは思います。

気にかけておきたいのは、BHT・BHT・没食子酸プロピルといった人工の酸化防止剤で、これらは一部のプレミアムキャットフードにも使われている人工添加物です。

もちろん定められた基準を超えないよう使われてはいますが、現在は天然由来の酸化防止剤が使われているフードが増えてきていることもあり、安全性最優先でフードを選びたいと考えている愛猫家からは避けられがちな傾向があります。

品質・内容が不明瞭な原材料が使われていない

次に注目しておきたいのは、品質・内容が不明瞭な原材料が使われていないことです。

肉原材料の内容がハッキリと掲載されているかどうかを確認し、”ミール”という肉原材料が使われている場合、パッケージや公式サイトに品質についての説明がされているかを確認してください。

 

また、”動物性油脂”、”タンパク加水分解物”という原材料が使われているかどうかにも注目しておきましょう。

動物性油脂には具体的に何の油が使われているか分かりませんし、酸化を防ぐために人工の酸化防止剤が使われている可能性があります。

もし安全性を最優先に考えてフードを選びたいのであれば”鶏油”、”サーモンオイル”といったように内容が明記されているフードを選んだ方が安心です。

 

“タンパク加水分解物”に関しては、どのような方法で製造されているかが重要になります。

とは言え、製造方法について明記しているフードはほとんどなく、最終的にメーカーをどこまで信頼できるかという問題になってきます。

小麦グルテン・穀物が使われていないかどうか

そのほかには、小麦グルテン・穀物が使われていないかどうかにも注目しておくといいでしょう。

プレミアムキャットフードには、小麦グルテンが使われていないグレインフリーフードや、穀物が一切使われていないグレインフリーフードも多いです。

ただ、穀物全般にアレルギーのない猫にとってはグレインフリーは必須ではありませんし、小麦グルテンにアレルギーのない猫なら小麦グルテンが含まれたフードを与えても問題ありません。

【穀物使用<グルテンフリー<グレインフリー】という順で販売価格が高くなる傾向があるので、愛猫の体質だけでなく、予算状況も考慮して無理なく継続できるフードを選ぶのがおすすめです。

評判のいいプレミアムキャットフード30種

商品名 主原料 タンパク質 脂質 水分 カロリー
(100gあたり)
気がかりな原材料
オリジン(オリジナル) 新鮮鶏肉 40% 20% 10% 416kcal
カナガン(チキン) 乾燥チキン 34%以上 16.7%以上 8%以下 405kcal
アートゥー(サーモン) サーモン 31% 20% 8% 404kcal
ジャガー 肉類 37%以上 14.88%以上 8%以下 387.5kcal
アーテミス(フレッシュミックス フィーライン) フレッシュチキン 30.0%以上 20.0%以上 10.0%以上 392.2kcal
ナチュラルチョイス(室内猫用 成猫用 チキン) チキン(肉) 33.0%以上 14.0%以上 10.0%以下 360kcal タンパク加水分解物
ナチュラルバランス(インドアキャット) チキンミール 30.0%以上 14.0%以上 10.0%以下 357kcal
ロニー 肉類 36% 20% 9% 約410kcal
犬猫生活(オールステージ用 国産の生鶏肉) 生肉 31%以上 15%以上 10%以下 373kcal
セレクトバランス(1才以上の成猫用 チキン) チキン 30.0%以上 15.0%以上 10.0%以下 365kcal
ナウフレッシュ(成猫用) ターキー生肉(骨抜き) 31%以上 18%以上 10%以下 387.2kcal
ロイヤルカナン(インドア) 小麦 25.0%以上 11.0%以上 6.5%以下 374kcal 動物性油脂、加水分解タンパク
アカナ(ワイルドプレイリー) 新鮮鶏肉 37%以上 18%以上 10%以下 393.0kcal
アニモンダ(フォムファインステン デラックス) 鶏肉粉(低灰) 30% 18% 8% 403kcal
アボダーム(ヘアボール&ライト) 乾燥チキン 32.0%以上 16.0%以上 10.0%以下 356kcal
ウェルネス(穀物不使用 室内猫用 骨抜きチキン) 骨抜きチキン 34.0%以上 10.0%以上 10.0%以下 約345kcal
オーブンベイクドトラディション(グレインフリー フィッシュ) フレッシュフィッシュ 36.0%以上 18.0%以上 10.0%以下 370.3kcal
サイエンスダイエットプロ(毎日の活力維持機能 1〜6歳) 小麦 30.0%以上 18.0%以上 8.0%以下 402.5kcal 動物性油脂
C&R(プレミアムキャット) ラム肉 31%以上 11%以上 10%以下 362kcal
ソリッドゴールド(インディゴムーン) ドライチキン 42.0%以上 20.0%以上 10.0%以下 386.0kcal
ハッピーキャット(バイエルンビーフ) グリーブス(脱脂ハラミ肉) 33.0% 15.0% 9.0% 380.0kcal
モグニャン 白身魚 27%以上 11%以上 5%以下 379kcal
プロプラン(美味を求める成猫用 サーモン) サーモン 36%以上 15%以上 9%以下 約370kcal たんぱく加水分解物
ヤラー(グレインフリー) 乾燥鶏肉 31.5% 14.5% 8.0% 361.50kcal
クプレラ(ホリスティックグレインフリー) 魚類 31%以上 12%以上 10%以下 395kcal
キアオラ(カンガルー) カンガルー生肉 30.0%以上 18.0%以上 9.0%以下 約382kcal
ギャザー(フリーエーカー) チキン(オーガニック) 30%以上 16%以上 10%以下 366.4kcal
ボナペティ(ラム&フィッシュ) ラム生肉 31%以上 15%以上 10%以下 332kcal
ワイルドレシピ(成猫用 白身魚) 白身魚 40.0%以上 16.0%以上 10.0%以下 380kcal タンパク加水分解物
グランツ(チキン&サーモン) 脱水チキン 36.00%以上 17.00%以上 10.00%以下 361kcal

愛猫家から評判のいいプレミアムキャットフード30種の主原料や主な成分値、気がかりな原材料が使われていないかどうかをまとめてみました。

まずはじめに、それぞれのフードの主原料に目を通してみると、動物性原材料ではなく植物性原材料が主原料として使われているフードがあることが分かりますね。

そして、フードによってタンパク質・脂質・カロリーの数値にかなりの開きがあることも分かります。

 

なお、“動物性油脂”“タンパク加水分解物(加水分解タンパク)”については、使われているからといって必ずしも安全性に配慮されていない・・・というわけではありません。

ただ、ここで抜き出した動物性油脂には具体的に何の動物の油が使われているのかと、添加されている酸化防止剤の種類に関しての説明がないことが気になりました。

タンパク加水分解物も、製造工程の説明がないことが気がかりです。

おすすめのプレミアムキャットフード9選+1

愛猫家から評判のいい30種類のプレミアムキャットフードの中から、おすすめのものを9種類ピックアップしました。

なお、販売価格や原材料、成分は調査した時点の情報を参考にしています。

ジャガー

ジャガーキャットフードの表面

通常購入時の価格 5,038円/1.5kg
定期購入時の価格
(1袋あたり)
1袋:4,534円(10%オフ)
2〜4袋:4,282円(15%オフ)
5袋以上:4,030円(20%オフ)
※合計金額に応じて割引率が変動
100gあたりの価格
(3袋を定期購入時)
約285円
1日あたりの餌代
(4kgの成猫を想定)
約147円
穀物 不使用
(グレインフリー)

人工の香料・着色料が使われていない、厳選した良質な原材料が使われている、グレインフリーのレシピを採用、という3つの要素を満たしたプレミアムキャットフードのジャガー。

それだけでなく、ジャガーには【チキン生肉/鴨生肉/生サーモン/生マス】などの動物性原材料がふんだんに使われており、肉食動物の猫にとって大切な栄養素である動物性タンパク源をしっかりと摂り入れられます。

また、毎日のスッキリに配慮して、何種類もの野菜や果物が配合されていることも見逃せません。

主要な成分バランスについては、高タンパク・高カロリーかつ適度に脂質が含まれていることから、育ち盛りの子猫や活発な成猫の主食として向いています。

モグニャン

モグニャンキャットフードのパッケージ画像(表面2)

通常購入時の価格 5,038円/1.5kg
定期購入時の価格
(1袋あたり)
1袋:4,534円(10%オフ)
2〜4袋:4,282円(15%オフ)
5袋以上:4,030円(20%オフ)
※合計金額に応じて割引率が変動
100gあたりの価格
(3袋を定期購入時)
約285円
1日あたりの餌代
(4kgの成猫を想定)
約160円
穀物 不使用
(グレインフリー)

モグニャンは、主原料として使われている白身魚の割合が全体の65%を占めているプレミアムフードです。

もちろん、香料・着色料といった添加物は使われていませんし、グレインフリーのレシピを採用している点は先に取り上げたジャガーと同じです。

また、品質・内容が不明瞭な原材料が一切使われていないことも評価できます。

主要な成分値については、モグニャンはジャガーと比べるとタンパク質と脂質が控えめで、「歳をとったシニア猫にタンパク質が控えめなフードを与えたい」と考えている場合に特におすすめです。

カナガン チキン

カナガンキャットフード チキンのパッケージ画像(表面2)

通常購入時の価格 5,038円/1.5kg
定期購入時の価格
(1袋あたり)
1袋:4,534円(10%オフ)
2〜4袋:4,282円(15%オフ)
5袋以上:4,030円(20%オフ)
※合計金額に応じて割引率が変動
100gあたりの価格
(3袋を定期購入時)
約285円
1日あたりの餌代
(4kgの成猫を想定)
約143円
穀物 不使用
(グレインフリー)

カナガンは良質な肉・魚が主原料として使われているプレミアムキャットフードで、さらに穀物・牛肉・大豆といったアレルギーの原因になりやすい傾向にあるタンパク源が使われていません。

また、ここで取り上げている「チキン」は動物性タンパク源が鶏肉と卵の2種類だけとシンプルで、複数のタンパク源にアレルギーのある愛猫にも対応しやすいです。

主要な成分バランスに関しては、乾燥チキンとチキン生肉が贅沢に使われていることもあってか、適度にタンパク質と脂質を含みつつ高カロリーなドライフードになっています。

人工の香料・着色料といった添加物も一切使われていませんし、人間目線でなく猫目線で作られているプレミアムキャットフードと言っていいでしょう。

ナチュラルチョイス

ナチュラルチョイス(室内猫用ターキー)の表面
※各項目は「室内猫用 成猫用 チキン」のものです

価格/内容量
(調査時点の最安値)
1,350円/500g
3,237円/2kg
※2023年7月にAmazonで確認
100gあたりの価格
(2kgの最安値を参照)
約162円
1日あたりの餌代
(4kgの成猫を想定)
約97円
穀物 粗挽き米、玄米、オーツ麦繊維
(グルテンフリー)

ニュートロのプレミアムキャットフードのナチュラルチョイスは、猫の年齢や体質、食の好みや飼育環境に合わせて原材料の内容と成分バランスを調整した、様々なラインナップを取り揃えています。

この記事で取り上げている「室内猫用 成猫用 チキン」は商品名の通り、室内飼いで運動量が少ない傾向にある成猫向けに、適度にタンパク質を含みつつも脂質とカロリーがやや控えめに調整されています。

また、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある成猫向けに、脂質とカロリーがかなり控えめに調整されたフードもあり、愛猫の運動量や食事量に配慮してフードを選べます。

気がかりな要素として、タンパク加水分解物の製造工程が不明瞭なことが挙げられますが、プレミアムフードの中ではかなり手に取りやすい価格で販売されていることは魅力的です。

ナチュラルバランス

ナチュラルバランスのパッケージ画像(表面)
※各項目は「インドアキャット」のものです

価格/内容量
(調査時点の最安値)
2,365円/1kg
5,621円/2.85kg
※2023年7月にAmazonで確認
100gあたりの価格
(1kgの最安値を参照)
約237円
1日あたりの餌代
(4kgの成猫を想定)
約118円
穀物 玄米、オートミール
(グルテンフリー)

商品名から連想できる通り、こだわり抜いた自然素材で作られているプレミアムキャットフードのナチュラルバランス。

ナチュラルバランスも先に紹介したナチュラルチョイスと同じように、飼育環境に合わせて成分バランスを調整したラインナップを取り揃えているほか、動物性タンパク源が限定されたグレインフリーフードも販売されています。

ここで取り上げた「インドアキャット」に関しては、タンパク質・脂質・カロリーがやや控えめに調整されており、そのほかのドライフードも全体的に同じ傾向が当てはまります。

また、ナチュラルバランスには気がかりな人工添加物が使われていないことも評価できますが、2種類のグレインフリーフードには植物性原材料が主原料として使われていることは気になりました。

ロニー

価格/内容量 通常購入:4,730円/1.8kg
定期購入:4,257円/1.8kg
※定期購入時は10%オフ
100gあたりの価格
(定期購入時)
約237円
1日あたりの餌代
(4kgの成猫を想定)
約140円
穀物 不使用
(グレインフリー)

脱水鶏肉が主原料として使われている、ベルギー産プレミアムキャットフードのロニー。

脱水鶏肉というのは、できる限り栄養価が損なわれないように低温でじっくりと水分を抜かれた鶏肉のことで、消化吸収率が高いことでも注目を集めています。

また、ロニーには動物性原材料だけでは摂り入れられない栄養素を補うために、34種類もの野菜と果物、ハーブが配合されていることも見逃せません。

主要な成分バランスについては、やや高タンパクかつ高脂質・高カロリーになっており、育ち盛りの子猫や活発な成猫、少食の成猫・シニア猫の主食としてぴったりです。

オリジン

オリジンキャットフード(表面)
※各項目は「オリジナル」のものです

価格/内容量
(調査時点の最安値)
1,598円/340g
7,227円/1.8kg
17,820円/5.4kg
※2023年7月にAmazonで確認
100gあたりの価格
(1.81kgの最安値を参照)
約402円
1日あたりの餌代
(4kgの成猫を想定)
約261円
穀物 不使用
(グレインフリー)

オリジンはカナダ産のプレミアムキャットフードで、動物性タンパク源の内容が違う2種類のドライフードを取り揃えています。

この記事で取り上げているのは「オリジナル」ですが、もう1種類の「レジオナルレッド」も成分バランスの傾向は変わらず、非常に高タンパクかつ高脂質・高カロリーなドライフードになっています。

このような成分バランスになっている大きな要因として挙げられるのは、グレインフリーのレシピを採用していることに加えて、動物性原材料の割合が全体の80%以上を占めていることです。

もちろん、人工の酸化防止剤・香料・着色料といった添加物は一切使われていませんし、「肉食動物の猫本来の食事内容に配慮されたプレミアムフード」と捉えることができます。

ソリッドゴールド

ソリッドゴールド(猫用)のパッケージ画像
※各項目は「インディゴムーン」のものです

価格/内容量
(調査時点の最安値)
1,430円/500g
2,420円/1kg
4,400円/2kg
11,660円/6kg
※2023年7月にAmazonで確認
100gあたりの価格
(2kgの最安値を参照)
約220円
1日あたりの餌代
(4kgの成猫を想定)
約130円
穀物 不使用
(グレインフリー)

ソリッドゴールドは小麦グルテンフリーorグレインフリーのレシピを採用したキャットフードで、4種類の主食用ドライフードと6種類の主食用ウェットフードを取り揃えています。

ここで取り上げている「インディゴムーン」については、高タンパク・高脂質・高カロリーなグレインフリーのドライフードになっており、育ち盛りの子猫や活発な成猫の主食としてぴったりです。

その一方で、適度にタンパク質を含みつつも脂質とカロリーが控えめな「フィット アズア フィドル」というドライフードもあり、運動量が少ない成猫や食欲旺盛な成猫用フードとして向いています。

また、プレミアムフードの中では比較的手に取りやすい価格で販売されていることも評価できます。

アーテミス

※各項目は「フレッシュミックス フィーライン」のものです

価格/内容量
(調査時点の最安値)
1,540円/500g
2,530円/1kg
4,840円/2kg
10,670円/6kg
※2023年7月にAmazonで確認
100gあたりの価格
(2kgの最安値を参照)
約242円
1日あたりの餌代
(4kgの成猫を想定)
約203円
穀物 大麦、米糠

アーテミスは3種類の主食用ドライフードと、5種類の缶詰タイプの主食用ウェットフードを取り揃えています。

ここで取り上げている「フレッシュミックス フィーライン」は、人用の食品レベルのフレッシュチキンを主原料として使いつつ、小麦グルテンフリーのレシピを採用しているドライフードです。

成分バランスについては、タンパク質がやや控えめな一方で脂質とカロリーは高めになっており、食が細くてたくさんの量が食べられない愛猫用フードとして向いています。

なお、缶詰タイプのウェットフードに関しては、主食として与えられる栄養基準を満たしていることから、主食用ドライフードが食べられない時の代わりにそのまま与えることもできます。

XAXA(ザザ)

XAXA(ザザ)キャットフードのイメージ画像5

ドッグ&フレッシュキャットコースの価格 13,200円/250g×2カップ
26,400円/250g×4カップ
コンプリートコースの価格 15,400円/250g×2カップ
30,800円/250g×4カップ
100gあたりの価格
(ドッグ&フレッシュキャットコース)
約2,640円
1日あたりの餌代
(4kgの成猫を想定)
約3,854円
※CF3/国産鶏肉
穀物 不使用
(グレインフリー)

XAXA(ザザ)は2022年11月に販売開始された新商品ということもあり、特にこれといった口コミ・評判は確認できていません。

ただ、良質な肉・魚を贅沢として使用、保存料・着色料・香料・甘味料といった添加物は不使用、芋類・豆類・穀物不使用のレシピを採用といった要素を全て満たしていることからピックアップしてみました。

また、新鮮な生肉・野菜・果物をそのままごろっと使用したローフードと、栄養を損なわないように必要最低限の加熱調理をしたフレッシュフードといった2タイプの主食用フードを取り揃えていることから、食の好みや体質に配慮して選びやすいです。

その代わり、XAXAだけを主食として与えるとなると非常に餌代が高くなってしまうので、ドライフードとローテーションして与えたり、ドライフードにトッピングして与えるのがおすすめです。

まとめ

ひと括りにプレミアムキャットフードと言っても、原材料の品質・内容にはバラつきがあります。

そのため、愛猫には安心できるプレミアムキャットフードを食べさせてあげたいと考えているなら、

  • 品質・内容が不明瞭な原材料が使われていないかどうか
  • 余計な人工添加物が使われていないかどうか
  • 小麦グルテン・穀物が使われていないかどうか

この3つの要素にも注目してフードを選ぶことをおすすめします。

ここまでにピックアップしたフードの中で、もしどれを選べばいいか迷ってしまった場合には、まずはジャガーからお試ししてみるのがおすすめです。

当サイトがジャガーをおすすめする理由は以下の通りです。

ジャガーをおすすめする5つの理由
  • 良質な動物性原材料をふんだんに使用
  • 高タンパクな一方でカロリーが高すぎない
  • グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用
  • 猫にとって必要のないものが使われていない
  • 無理なく続けやすい販売価格

まず言えることは、ジャガーにはチキン生肉をはじめとした良質な動物性原材料がふんだんに使われており、肉食動物の猫にとって大切な栄養素である動物性タンパク源をしっかりと摂り入れられることです。

また、高タンパクな一方でカロリーは高すぎず、給餌量の調整で子猫からシニア猫までの幅広い年齢に対応しやすいことも強みです。

それに加えて、グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用していることや、人工の香料・着色料といった猫にとって必要のないものが一切使われていないことも見逃せません。

そして、無理なく続けやすい価格で販売されていることも評価できます。