無添加のおすすめキャットフード10選|選び方のポイントもあわせて解説!

愛猫には無添加のキャットフードを与えたいと考えている方も少なくありませんが、実は完全無添加のドライフードというはほぼありません。

ただ、添加物の全てが危険というわけではなく、ビタミンやミネラルといった栄養添加物は主食として食べさせることができる基準を満たすために必要な添加物です。

その一方で、人工の着色料・香料は必ずしも添加する必要はなく、【猫にとって必要のない人工添加物が使われていない】という意味で”無添加”という表現が使われていることが多い傾向にあります。

これらのことを踏まえつつ、この記事では無添加(無着色・無香料)のキャットフードの選び方のポイントとおすすめキャットフードを紹介しているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

無添加のキャットフードの選び方

無添加をウリにしているキャットフードを選ぶ上で、いくつかの注目しておきたい要素があります。

順番に解説していきますね。

着色料・香料・調味料を使う必要はない

着色料・香料・調味料については、必ずしも使う必要のない添加物です。

猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているため、猫の立場になって考えれば着色料を使ってまで色味をつける意味はありません。

危険性のある着色料を使って色味をつけるのは、猫ではなく私たち飼い主の興味を惹くためです。

そして、人工の香料・調味料は食いつきをよくする目的で添加されていますが、香料・調味料が過剰に使われたフードは栄養の偏りの原因になります。

必要性のある添加物の種類に注目する

最初に説明したように、ドライキャットフードには栄養を補うためにビタミン・ミネラルが添加されており、それらの添加物は必要のない添加物とは言えません。

また、ドライフードキャットフードには酸化の進行を抑えるために酸化防止剤も添加されていますが、酸化防止剤には人工のものと天然由来のものがあります。

ここで問題になってくるのは、BHA・BHT・没食子酸プロピルといった人工の酸化防止剤です。

 

人工の酸化防止剤が使われているフードは定められた基準を超えないように使っているものの、現在は安全性に配慮して天然由来の酸化防止剤が使われているフードが増えてきています。

そのため、安全性最優先でフードを選びたいと考えている愛猫家からは、人工の酸化防止剤が使われているフードは敬遠されがちな傾向があります。

人工の酸化防止剤に関しては、「基準を超えないように使えば問題がない」という考え方も、「使われていること自体が問題」という考え方も間違いとは言えないので、最終的には飼い主それぞれの判断に委ねられます。

内容が不明瞭な原材料が使われていないか

そのほかには、内容が不明瞭な原材料が使われていないかどうかにも注目しておくといいでしょう。

例えば、”動物性油脂”という原材料が使われているフードがありますが、具体的に何の動物の油が使われているかまで分かりません。

それ以上に気がかりなのは、動物性油脂に酸化防止剤を使っていても原材料一覧に表記する必要はなく、酸化を防ぐために人工の酸化防止剤が使われている可能性があることです。

 

また、”タンパク加水分解物”という原材料が使われているかどうかにも注目しておくといいでしょう。

タンパク加水分解物は必ずしも危険性があるわけではないのですが、どんな方法で製造されているかが重要になります。

とは言え、製造方法を明記しているフードはほとんどなく、最終的にメーカーをどこまで信頼できるのかという問題になってきます。

無添加のおすすめキャットフード10選

これまでの内容を踏まえつつ、着色料と香料が使われていないことはもちろん、人工の酸化防止剤が使われていないドライフードを10種類ピックアップしました。

※時期によって販売価格や割引情報、キャンペーン情報が異なる可能性があります。

ジャガー

ジャガーキャットフードと猫3

項目 詳細
主原料 骨抜きチキン生肉
穀物 不使用
価格/内容量 通常購入:4,708円/1.5kg
定期購入:4,237円/1.5kg
原産国 イギリス
備考 ・定期購入割引あり
・まとめ買い割引あり

危険性のある人工添加物が使われていないこと、人間でも食べられる品質の原材料が使われていること、穀物が一切使われていないグレインフリーフードという3つの要素を満たしたイギリス発のジャガーキャットフード。

主原料として使われているのは骨抜きチキン生肉で、そのほかにも鴨生肉・乾燥チキン・乾燥鴨肉・生サーモン・生マスといった肉類が贅沢に使われています。

たっぷりと肉類が使われていることもあり、高タンパク・高脂質・高カロリーな成分バランスになっており、育ち盛りの子猫や運動量が多い活発な成猫、食が細くてたくさんの量が食べられない成猫用フードとして特におすすめです。

また、マグネシウム含有量がかなり控えめになっていることも見逃せません。

▼ジャガーの詳しい解説はこちら
ジャガーキャットフードを口コミや評判も参考にしながら5項目で評価!

カナガン

カナガンキャットフードと猫

項目 詳細
主原料 乾燥チキン
穀物 不使用
価格/内容量 通常購入:4,708円/1.5kg
定期購入:4,237円/1.5kg
原産国 イギリス
備考 ・定期購入割引あり
・まとめ買い割引あり

「愛猫には安心・安全なフードを選んであげたい」と考えている愛猫家なら知らない人の方が少ないと言っても過言ではない、ペット先進国イギリスのプレミアムフード「カナガンキャットフード」。

人工の酸化防止剤や着色料、香料・調味料といった添加物は一切使われていませんし、原材料の60%が肉類となっており、猫にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れることができます。

また、カナガンはジャガーよりも動物性タンパク源の種類がシンプルで、鶏肉以外の肉類にアレルギーのある猫にも対応できます。

成分バランスに関しては、適度にタンパク質と脂質を含みつつ高カロリーになっており、マグネシウム含有量に合わせてカルシウムとリンの含有量もしっかりと調整されています。

▼カナガンの詳しい解説はこちら
カナガンキャットフードの口コミや評判は?愛猫家のレビューを徹底調査!

オリジン

オリジンキャットフードを気にする猫

項目 詳細
主原料 新鮮鶏肉
穀物 不使用
価格/内容量 1,485円/340g
6,930円/1.8kg
16,500円/5.45kg
原産国 アメリカ
備考 ※「キャット&キティ」の商品情報を参照

猫にとって必要のない人工添加物、品質・内容が不明瞭な原材料が使われていないことはもちろん、肉類の占める割合が80〜90%と非常に多いグレインフリーフードのオリジン。

それだけでなく、肉原材料の種類が違う4種類のドライフードを取り揃えており、愛猫の食の好みに合わせて選びやすくなっています。

ほとんどの種類が高タンパク・高脂質・高カロリーな成分バランスになっていますが、食欲旺盛で給餌量の調整が難しい猫や運動量が少ない猫向けに、脂質とカロリーが控えめに調整されたドライフードも販売されています。

もし愛猫に肉原材料が贅沢に使われた高タンパク・低炭水化物のフードを与えたいと考えているなら、自信を持っておすすめできるドライフードです。

▼オリジンの詳しい解説はこちら
オリジンキャットフードの口コミは?種類別の違いや給餌量まで徹底解説!

ロニー

項目 詳細
主原料 脱水鶏肉
穀物 不使用
価格/内容量 通常購入:4,730円/1.8kg
定期購入:4,257円/1.8kg
原産国 ベルギー
備考 ・定期購入割引あり

野生の猫の食事をできる限り再現するために、実に41種類もの原材料が使われているロニー。

主原料として使われている脱水鶏肉とはできるだけ栄養価が損なわれないよう低音でじっくり水分を抜かれた鶏肉のことで、消化吸収率が高いことでも注目を集めています。

また、カナガンと同じにように動物性タンパク源の種類がシンプルで、鶏肉以外の肉類にアレルギーのある猫にも食べさせられます。

成分バランスに関しては、肉類の割合が多いグレインフリーフードということもあって高タンパク・高脂質・高カロリーになっています。

▼ロニーの詳しい解説はこちら
ロニーキャットフードの口コミや評判を調査|マッサンのオリジナルフード

モグニャン

モグニャン 商品イメージ

項目 詳細
主原料 白身魚
穀物 不使用
価格/内容量 通常購入:4,356円/1.5kg
定期購入:3,920円/1.5kg
原産国 イギリス
備考 ・定期購入割引あり
・まとめ買い割引あり

白身魚が主原料として使われている、イギリス産のプレミアムフードのモグニャン。

白身魚以外の肉類は使われていないので、鶏肉や牛肉にアレルギーのある猫にも対応できます。

成分バランスに関してですが、一般的なグレインフリーフードと比較するとタンパク質と脂質が控えめで、運動量が少ない完全室内飼いの成猫やシニア猫用フードとしておすすめです。

また、繊維質も適度に含まれていることから、愛猫のスッキリに配慮したいという場合にもお試ししてみる価値はあるでしょう。

▼モグニャンの詳しい解説はこちら
モグニャンキャットフードを悪い口コミや良い評判を踏まえて徹底評価!

ナウフレッシュ

項目 詳細
主原料 ターキー生肉
穀物 不使用
価格/内容量 1,628円/454g
6,160円/1.81kg
8,250円/3.63kg
14,850円/7.25kg
原産国 カナダ
備考 ※成猫用フードの商品情報を参照

危険性のある人工添加物が使われていないことはもちろん、厳選された高品質な原材料が使われているナウフレッシュ。

今回参考にした成猫用フードには複数の肉類が使われていますが、魚類だけに限定されたグレインフリーフードも販売されており、食に敏感でお腹が弱い愛猫にも対応しやすくなっています。

また、高カロリーなフードと低カロリーなフードを取り揃えており、愛猫の食事量と運動量に合わせて選べることも強みです。

その一方で、肉類の割合が原材料一覧に記載されていないことに加えて第2〜第5原材料までが肉類以外ということ、ジャガー・カナガン・オリジンと比較するとタンパク質が控えめなことを踏まえると、肉類の割合はそこまで多くはないと予想できます。

▼ナウフレッシュの詳しい解説はこちら
ナウフレッシュ(猫用)を評価!食いつきに関する口コミ・評判が多い

ファインペッツ

ファインペッツ・キャットフードと猫2

項目 詳細
主原料 アヒル肉
穀物 全粒米
価格/内容量 3,772円/1.5kg
原産国 オランダ
備考 ・初回お試しパックあり
・定期購入割引あり

アヒル肉が主原料として使われているオランダ差のプレミアムフードのファインペッツ。

ファインペッツはグレインフリーフードではありませんが、食物アレルギーの原因になりやすい小麦グルテンが使われていないグルテンフリーのレシピを採用しています。

成分バランスに関しては、タンパク質を適度に含みつつ高脂質・高カロリーになっており、子猫や運動量が多い成猫用フードとしておすすめです。

また、リン含有量が控えめに調整されていることから、食が細くてたくさんの量が食べられないシニア猫向けフードとしても向いています。

▼ファインペッツの詳しい解説はこちら
ファインペッツキャットフードを6段階で評価|愛猫家の口コミや評判も調査!

アーテミス

項目 詳細
主原料 フレッシュチキン
穀物 大麦、米糠
※グレインフリーフードもあり
価格/内容量 1,293円/500g
2,116円/1kg
3,999円/2kg
8,982円/6kg
原産国 カナダ
備考 ※「フレッシュミックス フィーライン」の商品情報を参照

猫にとって必要のない人工添加物が使われていないことはもちろん、消化不良の原因になりにくい原材料が使われているアーテミス。

アーテミスはグルテンフリーフードとグレインフリーフードを1種類ずつ販売しており、グレインフリーフードは高脂質・高カロリーに、グレインフリーフードは脂質とカロリーが控えめに調整されています。

また、カルシウム・リン・マグネシウム含有量がほとんど理想的なバランス通りになっていることも見逃せません。

そして、グルテンフリーフードはグレインフリーフードよりもお手頃な値段で販売されているので、愛猫の体質や飼育環境だけでなく、飼い主の予算状況によってフードを選び分けることもできます。

▼アーテミスの詳しい解説はこちら
アーテミスキャットフードを愛猫家の評判も参考にして6段階で評価!

ナチュラルバランス

ナチュラルバランスと猫1

項目 詳細
主原料 チキンミール
穀物 玄米、オートミール、オートファイバー
価格/内容量 880円/300g
1,372円/500g
1,705円/1kg
4,730円/2.85kg
原産国 アメリカ
備考 ※「インドアキャット」の商品情報を参照

商品名から連想できる通り、こだわり抜いた自然素材が使われたキャットフードのナチュラルバランス。

飼育環境に合わせて成分バランスを調整した様々なキャットフードを取り揃えているだけでなく、穀物全般にアレルギーのある猫に配慮された2種類のグレインフリーフードも販売しています。

また、グレインフリーフードは肉原材料が1種類に限定されており、特定の肉原材料にアレルギーがある猫にも対応できるのが強みです。

ただ、高脂質・高カロリーなドライフードは販売されていないので、育ち盛りの子猫や食が細い成猫用フードとしてのおすすめ度は下がります。

▼ナチュラルバランスの詳しい解説はこちら
ナチュラルバランス(猫用)の評判は?口コミや種類別の特徴を徹底調査!

ナチュラルチョイス

ナチュラルチョイス(室内猫用ターキー)と愛猫1

項目 詳細
主原料 チキン
穀物 粗挽き米、玄米、オーツ麦繊維
※グレインフリーフードもあり
価格/内容量 854円/500g
2,524円/2kg
原産国 アメリカ
備考 ※「成猫用チキン」の商品情報を参照

ニュートロのナチュラルチョイスは猫の体質や食の好み、年齢に合わせて成分バランスを調整したキャットフードを取り揃えています。

ドライフードは室内飼いの猫向けに成分バランスが調整されており、タンパク質を適度に含みつつ脂質とカロリーが控えめな傾向にあります。

もちろん、猫にとって必要のない人工添加物は一切使われていませんし、プレミアムフードの中ではお手頃な値段で販売されていることも魅力です。

ただ、成分表にリンとカルシウムの含有量が掲載されていないことや、”たんぱく加水分解物”が使われていることが気がかりです。

▼ナチュラルチョイスの詳しい解説はこちら
ニュートロ ナチュラルチョイス(猫用)を口コミも踏まえて徹底評価!

まとめ

無添加(無着色・無香料)のキャットフードを選ぶ時には、【必要性のある添加物の種類】と【内容が不明瞭な原材料が使われていないか】にも注目しておきましょう。

原材料一覧には掲載されていなくても、製造過程で思わぬ人工添加物が使われている可能性は否定できません。

ただ、人工の酸化防止剤は天然由来のものより効果が強力というメリットもあり、用量さえ守れば必ずしも添加する必要のない人工添加物とは言えないというのも事実です。

 

酸化防止剤に関しては飼い主それぞれの判断に委ねられる要素ですが、一つだけ確実に言えることは、最終的に何を購入するかを決めるのは私たち飼い主で、愛猫は私たちに差し出されたキャットフードを食べるしかないということです。

だからこそ愛猫のことを第一に考えた上で、自分自身も納得のいくキャットフード選びを心がけたいところですね。