みらいのキャットフードのイメージ画像

89種類もの和漢植物が配合されている「みらいのキャットフード」。

それに加えて、年齢や状態に合わせて成分バランスを調整したラインナップを取り揃えていることも特徴です。

今回はそんなみらいのキャットフードの口コミや評判、原材料と成分をもとにして総合的な評価をしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。
(※この記事では子猫・成猫用の主食用ドライフードに焦点を当てています)

みらいのキャットフードの悪い口コミ・評判

みらいのキャットフードは比較的新しいキャットフードということもあってか、確認できた口コミ・評判は8件と少なかったです。

そんな状況の中で見つかった悪い口コミ・評判は「食いつきは今ひとつ」、「値段が高い」という内容のレビューでした。

このような内容のレビューが見られた理由は、みらいのキャットフードには食いつきをよくするための人工添加物が使われていないことや、キャットフードの原材料としては珍しい様々な和漢植物が使われていることが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきは今ひとつ(4件)
  • 値段が高い(2件)

という結果になっています。
(※口コミ・評判は2022年6月にツイッター、インスタグラムで調査しました)

食いつきは今ひとつ

みらいのキャットフードの悪い口コミ・評判でまず確認できたのは、「食いつきは今ひとつ」という内容のレビューです。

この理由としてまず考えられるのは、みらいのキャットフードには人工の香料・調味料といった添加物が使われておらず、天然由来の原材料そのものの香りで風味が整えられていることです。

一般的には人工添加物で風味が整えられているフードの方が嗜好性が高い傾向にあるので、食いつきをよくするための人工添加物が使われていないフードを食べ慣れていない猫にとっては、みらいのキャットフードの風味に魅力を感じられない可能性はあります。

また、みらいのキャットフードは成分バランスを調整した様々なラインナップを取り揃えていますが、原材料の内容自体はどれも変わらず風味の種類も限定されていることから、食にこだわりのあるグルメな愛猫の好みに合わせづらいというデメリットもあります。

値段が高い

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「値段が高い」という内容のレビューでした。

実際、みらいのキャットフードの100gあたりの値段は約690円と、店頭のペットフードコーナーでよく見かける市販の国産キャットフードと比較するとかなり高いです。
(※子猫・成猫用の主食用ドライフードを1袋だけ通常購入する際の販売価格を参考にしています)

もちろん値段が高いのには理由があり、良質な動物性タンパク源の元となる生肉が主原料として使われていたり、89種類もの和漢植物が使われていたり、小麦グルテンフリーのレシピを採用している・・・などのこだわりがあります。

ただ、どれだけ内容にこだわってキャットフードを選んでも継続できないと意味がないので、現実的に無理なく継続購入できるかどうかもしっかりと考えておくことをおすすめします。

 

ちなみに、みらいのキャットフードの公式通販サイトでは割引価格で購入できる定期コースが導入されており、愛猫に合わないと感じた時には初回限りで解約することもできます。

そのため、お試し購入するにせよ継続購入するにせよ、みらいのキャットフードを購入するなら定期コースを利用した方がお得です。

▼総合評価をチェックする
みらいのキャットフードの総合評価

みらいのキャットフードの良い口コミ・評判

みらいのキャットフードの良い口コミ・評判については、「食いつきがいい」という内容のレビューを2件確認できました。

食いつきがいい

食いつきのよさを評価する声が見られた理由としてまず考えられるのは、みらいのキャットフードには良質な生肉が主原料として使われていることです。

それに加えて、天然由来の原材料の香りや栄養素ができる限り損なわれないように、低温・低圧製法で作られていることも関係していると考えられます。

とは言え、そもそものレビュー総数が少ないこともあり、食いつきに関しての口コミ・評判はそれほど参考にはならない・・・というのが正直な感想です。

みらいのキャットフードの口コミ・評判まとめ

みらいのキャットフードは比較的新しいキャットフードということもあってか、確認できた口コミ・評判はかなり少なかったです。

そんな状況の中で見つかった悪い口コミ・評判は「食いつきは今ひとつ」、「値段が高い」という内容のレビューでした。

その一方で、「食いつきがいい」という内容の良い口コミ・評判も確認できました。

このような内容のレビューが見られた理由は、みらいのキャットフードには良質な生肉が主原料として使われていることや、天然由来の原材料の香りができる限り損なわれないように、低温・低圧製法で作られていることが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食いつきは今ひとつ
  • 値段が高い
  • 食いつきがいい

みらいのキャットフードのお試しサンプルについて

公式通販サイトやそのほかの通販サイトを調査してみたところ、みらいのキャットフードのお試しサンプルの無料配布や有料販売は行われていませんでした。

そのため、みらいのキャットフードをお試しするにしても、800gサイズの本商品を1袋は購入しなければいけません。

ただ、公式通販サイトでは割引価格で購入できる定期コースが導入されており、愛猫に合わないと感じた時には初回限りで解約することもできます。

解約にあたっての違約金や解約金といった費用もかかりませんし、みらいのキャットフードをお試しするなら定期コースの割引特典を活用した方がお得です。

▼総合評価をチェックする
みらいのキャットフードの総合評価

みらいのキャットフードの原材料の評価

みらいのキャットフードの原材料イメージ

原材料一覧
生肉(鹿,魚),国産雑節,豚脂,ヤシ,大豆,玄米,大麦,サツマイモ,菜種油,胡麻,米ぬか,卵殻カルシウム,和漢植物【紅豆杉,田七人参,朝鮮人参,霊芝,アガリクス,冬虫夏草,チャーガ(シベリア霊芝),ハナビラタケ,プロポリス,発酵グルコサミン,オルニチン,アルギニン,ジャバラ,DHA,亜麻仁,クコの実(ゴジベリー),ウコン,当帰の葉,ケイヒ,菊の花,八角,紅花,シロキクラゲ,メシマコブ,山伏茸,マイタケ,カワラタケ,タモギタケ,クランベリー,ノコギリヤシ,ユーグレナ(ミドリムシ),ノニ果実,菊芋,クマザサ,ヒハツ,ナツシロギク,ヨモギ,クロガリンダ,タヒボ(紫イペ),板藍根,桑の葉,山芋,イチョウ葉,甜茶,アムラ,キダチアロエ,ザイレリア,レンセンソウ,ドクダミ,ガジュツ,キバナオウギ,大麦若葉,吉野葛,カミツレ,陳皮スギナ,サラシア,ギムネマ,大棗(ナツメ),ハトムギ,ウラジロガシ,蝦夷ウコギ,ギョクチク,グアバ葉,枸杞の葉,ケイケットウ,ゴカヒ,杜仲の葉,タラコンピ,南蛮の毛,ハスの葉,バナバ葉,ニンドウ,バイキセイ,枇杷の葉,バンカ,オリーブ,ジャーマンカモミール,ネトルリーフ,ダンデライオン,ローズレッドペダル,チョウジ,マタタビ,生姜,ウイキョウ,サンザシ,ライフクシ,サンシシ,ハス胚芽,ガイヨウ】,,サチャインチオイル(耐熱性オメガ3脂肪酸),海藻(フコイダン),イヌリン,セルロース,リジン,メチオニン,乳酸菌,オリゴ糖,タウリン,コリン,ビタミン類(E,B群,A),ミネラル類(亜鉛,鉄)

ここからは、みらいのキャットフードの原材料を評価していきます。
(※表は子猫・成猫用の主食用ドライフードの原材料一覧です)

鹿生肉が主原料のキャットフード

みらいのキャットフードの原材料の特徴としてまず挙げられるのは、鹿生肉が主原料として使われていることでしょう。

鹿肉だけでなく魚肉も使われており、肉食動物の猫にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れることができます。

また、市販のキャットフードの多くは高温・高圧製法で作られているのに対して、みらいのキャットフードは低温・低圧製法で作られていることも特徴です。

 

低温・低圧製法は高温・高圧製法に比べて手間ひまがかかるというデメリットがある反面、天然由来の原材料そのものの香りや栄養素ができる限り損なわれない・・・という大きなメリットがあります。

そして、みらいのキャットフードは原材料の香りを活かして風味が整えられており、人工の香料・調味料といった食いつきをよくするための人工添加物は一切使われていません。

小麦グルテンフリーのレシピを採用

みらいのキャットフードは、小麦グルテンフリーのレシピを採用していることも特徴の一つです。

小麦が使われているキャットフードは珍しくありませんが、穀物の中でも特に小麦はアレルギーの原因になりやすいという問題があります。

それに対して、みらいのキャットフードには小麦が使われていないので、小麦アレルギーの愛猫にも安心して与えることができます。

なお、みらいのキャットフードには玄米や大麦、米ぬかといった穀物が使われていますが、これらの穀物は食物アレルギーの原因にはなりにくいタンパク源です。

みらいのキャットフードの成分の評価

成分表
粗タンパク質 40.7%
粗脂肪 14.2%
粗繊維 1.1%
粗灰分 7.7%
水分 7.3%
リン 0.59%
ナトリウム 0.22%
エネルギー 371kcal/100g

原材料の次は、みらいのキャットフードの成分を評価していきます。
(※表は子猫・成猫用の主食用ドライフードの成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

子猫・成猫用の主食用ドライフードのタンパク質は40.7%、脂質は14.2%、100gあたりのカロリーは371kcalと、かなり高タンパクな一方で脂質とカロリーは標準的な範囲になっています。

こういった成分バランス上、室内飼いされていることが多く、運動量が控えめな傾向にある日本の飼い猫の主食としてぴったりです。

もちろん、給餌量の調整次第で育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子猫や運動量が多い活発な成猫、食が細くてたくさんの量が食べられない成猫にも対応できます。

 

しいて言うなら、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある成猫の主食用フードとしてのおすすめ度が下がるくらいです。

なお、みらいのキャットフードはシニア猫用の主食ドライフードも製造・販売しており、こちらは活動が落ちたシニア猫に配慮してか、子猫・成猫用フードと比較するとタンパク質・脂質・カロリーがやや控えめに調整されています。

▼総合評価をチェックする
みらいのキャットフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

公式 楽天 Amazon
1袋 5,500円
2袋 8,800円
3袋 12,540円
6袋 23,100円
10袋 38,500円
送料 880円
(2袋以上で無料)

公式通販サイトと楽天市場、Amazonでみらいのキャットフードの販売状況を調査してみたところ、公式通販サイト以外ではみらいのキャットフードは販売されていませんでした。
(※販売状況と販売価格は2022年6月に確認しました)

そして、販売価格についてはまとめ買いするほど割引額が上がっていき、1袋(800g)だけ購入する場合の価格は税込5,500円となっています。

また、送料に関しては税込み880円となっていますが、2袋以上まとめ買いすると送料無料となります。

 

なお、みらいのキャットフード購入時には、1袋につき”マウスクリーンパウダー(食べる歯磨き粉)”が1袋同梱されます。

それと、公式通販サイトでは割引価格で購入できる定期コースも導入されています。

公式サイトの定期コースについて

子猫・成猫用の主食用ドライフードの1袋の販売価格は5,500円となっていますが、定期コースを利用すると1,100円オフの4,400円で購入できます。

また、都度購入とは違って定期コースは単品購入でも送料が無料になります。

定期コースのまとめ買い袋数別の販売価格は表の通りです。

販売価格
(1袋あたり)
送料
1袋 4,400円 無料
2袋 3,630円 無料
3袋 3,520円 無料
6袋 3,300円 無料
10袋 3,080円 無料

ちなみに、定期コースと聞くと継続回数の縛りを連想するかもしれませんが、みらいのキャットフードには継続回数の縛りはなく、愛猫に合わないと感じた時には初回限りで解約することもできます。

また、解約にあたっての違約金や解約金といった費用もかかりません。

ただ、解約手続きは次回配送予定日の10日前までに行わなければいけないことには気をつけてくださいね。

それと、配送周期は基本的に毎月1回となっていますが、45日や2ヶ月など周期を変更することもできるので、継続してみらいのキャットフードを購入するなら周期を長めに設定してまとめ買いした方がお得です。

みらいのキャットフードの総合評価

項目 詳細
原材料 4.5
成分 5.0
安全性 5.0
食いつき ※レビューが少ないため未評価
コスパ 1.5
総合評価 Aランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量 通常購入:5,500円/800g
定期購入:4,400円/800g
※子猫・成猫用
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 日本
販売会社 自然の森製薬株式会社

当サイトのみらいのキャットフードの総合評価はAランクです。

猫にとって大切な栄養素である動物性タンパク源の元となる生肉が主原料として使われていることに加えて、原材料の香りや栄養素ができる限り損なわれないよう低温・低圧製法で作られていることは魅力的です。

また、主食用ドライフードは日本で暮らす飼い猫向けに成分バランスが調整されていることも評価できますし、状態に合わせて特別に成分バランスを調整したラインナップを取り揃えていることも強みと言えます。

 

それだけに決して安いとは言えない価格帯の国産キャットフードですが、割引価格で購入できる定期コースが導入されていることは良心的ですね。

定期コースには継続の縛りもありませんし、みらいのキャットフードをお試しするなら定期コースで1袋だけ注文してみて、愛猫に合っているかを確認しながら継続するか解約するかを検討するのがおすすめです。