ハッピーキャットキャットフードと猫1

ペット先進国ドイツ発のプレミアムキャットフード「ハッピーキャット(HAPPY CAT)」。

今回はハッピーキャットを愛猫に与えている方々の口コミ・評判を109件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けてまとめてみました!

そして、私が愛猫と一緒にお試しした結果も踏まえて総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

ハッピーキャット キャットフードの悪い口コミ・評判

ハッピーキャット キャットフードの悪い口コミ・評判は「期待していたけどあまり食べない」、「大粒でうちの猫には合わない」、「市販の国産フードと比べると値段が高い」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ハッピーキャットには食いつきをよくするための人工添加物が使われていないことや、種類によって粒の大きさがかなり違うことが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきは今ひとつ(4件)
  • 大粒で食べづらそう(3件)
  • 値段が高い(3件)
  • 我が家の猫には合わなかった(2件)

という結果になっています。

なお、口コミ・評判は2020年9月にAmazon、楽天、ツイッター、インスタグラムで調査し、2023年9月にX(旧ツイッター)とインスタグラムで追加調査を行いました。

食いつきは今ひとつ

ハッピーキャットの悪い口コミ・評判で一番多かったのは、「食べない・食べなくなった」という内容のレビューでした。

一般的には人工の香料を使って風味が整えられているフードの方が食いつきがいい傾向にありますが、ハッピーキャットは原材料そのものの香りで風味が整えられています。

そのため、人工の香料が使われたフードを食べ慣れている猫にとっては、ハッピーキャットの香りにはあまり魅力を感じられないのかもしれません。

大粒で食べづらそう

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「ハッピーキャットは大粒で食べづらそう」というレビューです。

ただ、食いつきのよさを評価するレビューの中には「大粒で食べごたえがあるのがいい」というレビューもありましたし、大粒の形状がどんな猫にも食べづらいというわけではありません。

例えば、メインクーンやラグドールといった大型種なら食べづらいほどのサイズではないはずです。

逆にシンガプーラなどの小型種に試してみようとしている場合には、食べやすいように粒を砕いたりふやかして食べさせた方がいいかもしれませんね。

値段が高い

調査した口コミ・評判の中には、「ハッピーキャットは値段が高い」というレビューもありました。

ハッピーキャットには人工の酸化防止剤・香料・着色料といった添加物が使われていないだけでなく、高品質な原材料が使われたドイツ産のプレミアムフードということもあり、市販の国産ドライフードと比較するとかなり高額です。

いくら品質のいいフードを愛猫に与えたいからといって継続できなければ意味がないので、現実的に無理なく継続できるかどうかまで考えて購入することをおすすめします。

我が家の猫には合わなかった

そのほかには「我が家の猫には合わなかったようで、ハッピーキャットに切り替えたら軟便・下痢気味になった」、というレビューも確認できました。

軟便・下痢の理由として考えられるのは、餌の急な切り替えか食物アレルギーです。

まず、餌の急な切り替えは消化の負担になってしまうので、ハッピーキャットに慣れるまで一時的に軟便・下痢気味になる可能性があります。

 

次の食物アレルギーに関してですが、ハッピーキャットは様々なドライフードとウェットフードを取り揃えており、それぞれでタンパク源の種類が違います。

体質によっては特定のタンパク源がアレルギーの原因になることがあるので、食に敏感な愛猫にハッピーキャットを与えようと考えている場合には、ラインナップ別のタンパク源にも注目しておくといいでしょう。

▼総合評価をチェックする
ハッピーキャット キャットフードの総合評価

ハッピーキャット キャットフードの良い口コミ・評判

ハッピーキャット キャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「安心して愛猫に食べさせられる」、「我が家の猫には合っている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ハッピーキャットは食の好みに合わせやすいように風味が違うドライフードを取り揃えていることや、人工の酸化防止剤・香料・着色料といった添加物が使われていないことが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(74件)
  • 原材料に安心感がある(16件)
  • 我が家の猫には合っている(6件)

という結果になっています。

食いつきがいい

ハッピーキャットの口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」というレビューでした。

食いつきの悪さを指摘するレビューが4件、食いつきのよさを評価するレビューが74件という比率を踏まえても、ハッピーキャットの嗜好性は一般的なドライフードよりもワンランク上と捉えてよさそうですね。

また、ハッピーキャットは”ポルトリープロテイン”や”グリープス”、”トラウトミール”などのメインのタンパク源が違うドライフードを取り揃えており、食の好みに合わせやすいことが強みと言えます。

原材料に安心感がある

次に多かった良い口コミ・評判は、「ハッピーキャットは原材料に安心感がある」といった内容のレビューです。

一部のキャットフードには人工の酸化防止剤や着色料が使われていますが、ハッピーキャットにはそれらの添加物が使われていません。

もちろん、それらの添加物が使われているフードは定められた基準を超えないように使っていますが、人工の酸化防止剤は天然由来のもので代用することができます。

 

また、猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているので、猫の立場になって考えれば着色料を使ってまで色味をつける意味はありません。

それなのに着色料を使って色味をつけるのは、猫ではなく飼い主の私たちの興味を惹くためです。

そして、人工の酸化防止剤と着色料は必ずしも使う必要のない添加物ということもあり、安全性最優先でフードを選びたいと考えている愛猫家からは避けられがちな傾向があります。

それに対して、必ずしも使う必要のない添加物が一切使われていないハッピーキャットは、人間目線ではなく猫目線で作られたキャットフードと言えますね。

我が家の猫には合っている

良い口コミ・評判の中には、「我が家の猫には合っている」という内容のレビューもありました。

この理由として考えられるのは、ハッピーキャットの主食用ドライフードには肉・魚が主原料として使われていることに加えて、穀物の中でアレルギーの原因になりやすい傾向にある小麦が使われていないことです。

対照的に、販売価格が安くなるほど穀物の割合が増える傾向にありますが、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手で、穀物の割合が多い低タンパク・高炭水化物のフードは下痢や吐き戻しの原因になりえます。

また、体質によっては穀物全般が合わない猫もいますが、”ジュニア ファームダック”と”ファームダック”はグレインフリーのレシピを採用しており、穀物全般にアレルギーのある愛猫にも対応できます。

ハッピーキャット キャットフードの口コミ・評判まとめ

ハッピーキャット キャットフードの悪い口コミ・評判は「期待していたけどあまり食べない」、「大粒でうちの猫には合わない」、「市販の国産フードと比べると値段が高い」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、ハッピーキャット キャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「安心して愛猫に食べさせられる」、「我が家の猫には合っている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ハッピーキャットは食の好みに合わせやすいように風味が違うドライフードを取り揃えていることや、人工の酸化防止剤・香料・着色料といった添加物が使われていないことが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食いつきは今ひとつ
  • 大粒で食べづらそう
  • 値段が高い
  • 我が家の猫には合わなかった
  • 食いつきがいい
  • 原材料に安心感がある
  • 我が家の猫には合っている

キャットフード「ハッピーキャット」の種類

ハッピーキャットのラインナップはドライフードが5シリーズ+α、ウェットフードが1シリーズ+αとなっており、シリーズごとに原材料の内容や成分バランスに違いがあります。

なお、ほとんどのキャットフードが主食用フードとして与えられる栄養基準を満たしていますが、”ダイエットニーレ”と”VET”については特別に成分バランスが調整されたフード(療法食)になっています。

ドライフード

シリーズ 商品名 主原料 穀物 タンパク質 脂質 水分 エネルギー
(100gあたり)
ヤング ジュニア ファームポルトリー(平飼いチキン) ポルトリープロテイン コーン粉、米粉、ライスプロテイン 36.0% 18.5% 9.0% 395.5kcal
ジュニア ファームダック(平飼いの鴨/穀物不使用) ポルトリープロテイン 不使用 36.0% 18.5% 9.0% 397.5kcal
カリナリー ファームラム(牧畜のラム) ポルトリープロテイン コーン、コーン粉、米粉、ライスプロテイン 33.0% 15.0% 9.0% 376.5kcal
アトランティックサーモン ポルトリープロテイン コーン粉、米粉、コーン、ライスプロテイン 33.0% 15.0% 9.0% 380.0kcal
バイエルンビーフ(大粒) グリーブス コーン、コーン粉、米粉 33.0% 15.0% 9.0% 380.0kcal
スプリングトラウト トラウトミール コーン、コーン粉、米粉、ライスプロテイン 33.0% 15.0% 9.0% 378.0kcal
ファームダック(平飼いの鴨/穀物不使用) ダックプロテイン 不使用 33.0% 15.0% 9.0% 378.0kcal
ファームポルトリー(平飼いチキン/特大粒) ポルトリープロテイン コーン粉、コーン、米粉 33.0% 15.0% 9.0% 378.0kcal
ステアライズド ステアライズド ポルトリープロテイン コーン粉、米粉、コーン、ライスプロテイン 37.0% 10.5% 9.0% 349.0kcal
シニア シニア アトランティックサーモン ポルトリープロテイン コーン粉、コーン、米粉、ライスプロテイン 29.0% 12.0% 9.0% 367.5kcal
シニア ファームラム(牧畜のラム) ポルトリープロテイン コーン粉、コーン、米粉、ライスプロテイン 29.0% 12.0% 9.0% 367.5kcal
センシティブ ストマック&インテスティン(胃腸ケア) ダックプロテイン 米、米粉、ライスプロテイン 34.0% 14.0% 9.0% 374.0kcal
スキン&コート(皮膚被毛ケア) チキン 米、米粉 34.0% 15.0% 9.0% 377.0kcal
ローファット(ウェイトケア) ポルトリープロテイン コーン粉、コーン、米粉、ライスプロテイン 36.0% 9.0% 9.0% 352.5kcal
食事療法食 ダイエットニーレ(腎臓ケア) グリーブス 米、米粉、ライスプロテイン 28.5% 20.0% 9.0% 406kcal
VETストルバイト(尿石ケア) グリーブス 米、米粉、コーン 36.0%以上 15.0%以上 9.0%以下 391.0kcal
VETリーナル(腎臓ケア) 米粉 米粉、コーン 25.5%以上 16.0%以上 9.0%以下 388.5kcal

ドライフードは「ヤング」が2種類、「カリナリー」が6種類、「ステアライズド」が1種類、「シニア」が2種類、「センシティブ」と「療法食」が3種類ずつというラインナップです。

「ヤング」はシリーズ名から連想できる通り、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子猫向けに高タンパク・高脂質・高カロリーなドライフードになっています。

「カリナリー」は1歳以上の成猫向けのシリーズで、それぞれのフードによって動物性タンパク源の種類に違いがあり、食にこだわりのあるグルメな愛猫にも対応しやすいです。

そして、「ステアライズド」に関しては、避妊・去勢後の猫に配慮して脂質とカロリーが控えめに調整されています。

 

「シニア」は7歳以上のシニア猫(老猫)向けに成分バランスが調整されているシリーズで、歳をとって活動量が落ちたシニア猫に配慮して、「カリナリー」と比較するとタンパク・脂質・カロリーが控えめです。

「センシティブ」については食に敏感な愛猫など、特定の悩み向けに原材料と成分バランスが調整されているシリーズになっています。

3種類の「療法食」については特別に成分バランスが調整されたフードという性質上、ご自身だけの判断で愛猫に与えるのは避けてください。

ウェットフード(パウチ/缶)

シリーズ 商品名 主原料 穀物 タンパク質 脂質 水分 エネルギー
(100gあたり)
ミートinソース ジュニア ファームポルトリー (平飼いチキン/子猫用) チキン 全粒小麦 8.2% 4.8% 81.2% 88kcal
ジュニア ファームダック(平飼いの鴨/子猫用) チキン 全粒小麦 8.2% 4.8% 81.2% 88kcal
ファームラム(牧畜のラム/避妊去勢) チキン 全粒小麦 8.0% 4.5% 81.0% 86.5kcal
アトランティックサーモン(避妊去勢) チキン 全粒小麦 8.0% 4.5% 81.0% 86.5kcal
バイエルンビーフ(避妊去勢) チキン 全粒小麦 8.0% 4.5% 81.0% 86.5kcal
スプリングトラウト(避妊去勢) チキン 全粒小麦 8.0% 4.5% 81.0% 86.5kcal
ファームダック(平飼いの鴨/避妊去勢) チキン 全粒小麦 8.0% 4.5% 81.0% 86.5kcal
ファームポルトリー(平飼いチキン/避妊去勢) チキン 全粒小麦 8.0% 4.5% 81.0% 86.5kcal
ストマック&インテスティン(胃腸ケア) チキン 8.2% 3.7% 81.5% 82kcal
スキン&コート(皮膚被毛ケア) チキン 全粒小麦 8.0% 4.6% 81.2% 85.0kcal
食事療法食 VETストルバイト(尿石ケア) チキン 8.0%以上 4.5%以上 82%以下 83.0kcal
VETリーナル(腎臓ケア) チキン 7.2%以上 7.6%以上 78%以下 112.0kcal

ウェットフードは「ミートinソース」と「VET(療法食)」の2シリーズで、「ミートinソース」はどれも主食用ウェットフードとなっています。

そのため、ドライフードの食いつきが悪い時にトッピングして与えるだけでなく、何かしらの事情でドライフードが食べられない時にウェットフードだけをそのまま与えたりなど、状況に合わせて色々な与え方ができます。

なお、「ミートinソース」はパウチタイプの、「VET」は缶詰タイプのウェットフードです。

▼総合評価をチェックする
ハッピーキャット キャットフードの総合評価

愛猫と一緒にハッピーキャットをお試し!

ハッピーキャット(グレインフリーシーフィッシュ)の袋の表面

評判のいいドイツ産プレミアムフードは気になっていたので、実際に私の愛猫のレイちゃんとハッピーキャットをお試ししてみました!

レイちゃんには鶏肉が主原料に使われたフードと魚肉が主原料に使われたフードを交互に食べさせているので、今回は”グレインフリー シーフィッシュ”をお試ししてみることにしました。
(※グレインフリー シーフィッシュは現在は販売終了しています)

ちなみに、これといった食物アレルギーがないのにグレインフリーのレシピを選んだのは、せっかくなら穀物不使用の商品を試してみたかったからです(笑)

本当は1ヶ月近くは持つ1.8~2.0kgくらいのサイズが良かったのですが、2016年7月のリニューアルで1.8kgサイズの販売が終了して1.4kgサイズに変更されたとのことなので、1.4kgサイズを注文することに。

ハッピーキャット(グレインフリーシーフィッシュ)の袋の裏面

ハッピーキャットの袋にはドイツ語と英語でびっしりと説明が書かれています。

ただ、袋の裏側には日本語で説明が書かれたシールが貼られているので、原材料や成分の確認をするのには困りません。

到着したハッピーキャットの袋を開封してみると、今までに体験したことのないくらいの強烈な臭いが!!!

 

グレインフリー シーフィッシュの香りは魚の生臭さのような臭いという印象ですが、餌の切り替え完了後には便も同じような臭いになったので、臭いに敏感な方は耐えられないかもしれません(苦笑)

「ここまで独特な臭いだとレイちゃんも食べないかな?」と不安に感じたものの、いざ切り替えてみると意外なほど食いつきが良かったです。

ハッピーキャット(グレインフリーシーフィッシュ)の粒の大きさ

ハッピーキャットの粒の大きさは平均8~9mm程度と、一般的な成猫用フードと大差はないです。

ただ、かなり厚みがあって食べごたえがある形なので、もしかしたら小柄な猫には食べづらいかもしれません。

その代わり、「ご飯をしっかりと噛んで食べて欲しい」という意図があるならぴったりだと思います。

▼総合評価をチェックする
ハッピーキャット キャットフードの総合評価

ハッピーキャット キャットフードの原材料の評価

原材料一覧
ポルトリープロテイン**、ラムプロテイン*(11%)、コーン、コーン粉、米粉、ポルトリー脂肪、ポテトフレーク、ライスプロテイン*、グリーブス(脱脂ハラミ肉)、ひまわり油(2.4%)、リグノセルロース、加水分解フィッシュ*、ビートファイバー*、菜種油(0.6%)、全卵パウダー、塩化カリウム、サッカロマイセスセレビシエ*、アップルポマス*(0.4%)、塩化ナトリウム、キャロット*(0.25%)、海藻*、亜麻仁(0.16%)、ハーブミックス(ミルクシスル、アーティチョーク、タンポポ、ショウガ、カンバ葉、ネトル、カモミール、コリアンダー(0.013%)、ローズマリー、セージ、リコリス根、タイム 計0.16%)、チコリパウダー(0.15%)、えんどう豆フレーク(0.13%)、ビーツパウダー(0.13%)、緑イ貝*、イースト抽出物*(0.02%)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビオチン、Dパントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB12、ビタミンC)、ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)その他栄養素(DLメチオニン、タウリン、コリン)、天然由来トコフェロール(酸化防止剤として)(*乾燥)(**乾燥一部加水分解)
※アレルギーの原因になりやすい原材料は赤色で記載

ここからは、ハッピーキャットの原材料を徹底評価していきます!
(※表はドライフード「ファームラム」の原材料一覧です)

高品質な原材料が使われたドライキャットフード

ハッピーキャットの大きな特徴と言えば、高品質な原材料が使われたドライフードということでしょう。

キャットフードの中には”家禽ミール”や”ミートミール”といった品質・内容が不明瞭な原材料が使われているものがありますが、人用の食肉としては出回らない肉骨粉(副産物)の可能性も否定できません。

それに対して、ハッピーキャットの製造国であるドイツでは2001年からペットフードに肉骨粉を使うことが禁止されており、人間でも食べられる高品質な肉・魚が使われています。

また、ハッピーキャットには動物性原材料だけでは摂り入れられない栄養を補うために、様々な野菜や果物が配合されていることも見逃せません。

グレインフリー(穀物不使用)の種類もあり

ハッピーキャットは食に敏感な猫向けのドライフードを取り揃えていることも強みです。

まず、ハッピーキャットは全てのドライフードが小麦グルテンフリーのレシピを採用しています。

そして、「ジュニア ファームダック」、「ファームダック」の2種類はグレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用しています。

このことから愛猫の食の好みだけでなく、体質にも配慮してフードを選ぶことができます。

ハッピーキャットの賞味期限について

ハッピーキャットの開封前の賞味期限は製造日から約1年半と日持ちします。

ただ、人工の酸化防止剤が使われていないことを踏まえると、開封後は直射日光と高温多湿を避けて保存して1ヶ月くらいで使い切った方がいいでしょう。

なお、私はジッパー部分の作りが脆いとは感じませんでしたが、しっかりと閉まっているかが少し分かりづらいとは思いました。
(※リニューアル前のパッケージの感想です)

そのため、心配なら別の容器に移し替えて保存した方が安心です。

ハッピーキャット キャットフードの成分の評価

成分表
粗タンパク質 33.0%
粗脂肪 15.0%
粗繊維 3.0%
粗灰分 8.0%
水分 9.0%
カルシウム 1.3%
リン 1.0%
マグネシウム 0.08%
ナトリウム 0.6%
オメガ6脂肪酸 3.5%
オメガ3脂肪酸 0.4%
カロリー
(100gあたり)
376.5kcal

原材料の次は、ハッピーキャットの成分を評価していきます。
(※表はドライフード「ファームラム」の成分値です)

年齢別に成分バランスを調整

ハッピーキャットの主食用ドライフードは全14種類となっていますが、年齢や飼育環境に合わせて成分バランスが細かく調整されています。

例えば、子猫用フードは育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子猫に配慮して、成猫用フードと比べると高タンパク・高脂質・高カロリーになっています。

そして、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある成猫向けに、脂質とカロリーが控えめなドライフードも販売されています。

また、シニア猫用フードはタンパク質とリンが控えめに調整されており、ハッピーキャットのドライフードだけで子猫からシニア猫まで対応することができることが強みです。

▼総合評価をチェックする
ハッピーキャット キャットフードの総合評価

ハッピーキャット キャットフードの給餌量

体重 標準的な運動量の猫 豊富な運動量の猫(外猫など)
2kg 30g 35g
3kg 40g 45g
4kg 50g 55g
5kg 60g 65g
6kg 65g 70g
7kg 75g 80g
8kg 80g 90g

ハッピーキャットのドライフード「ファームラム」の1日あたりの給餌量の目安は表の通りです。

そのほかのラインナップもパッケージや公式サイトに給餌量の目安は掲載されていますが、実際には体質や飼育環境によって適量が変わってきます。

そのため、愛猫の体重や便の固さを確認しながら給餌量を微調整するようにしてください。

公式・楽天・Amazon(通販)で価格を調査

ハッピーキャットキャットフードと猫2

内容量 公式 楽天 Amazon
50g 330円 330円 330円
300g 1,331円 1,331円 1,331円
1.3kg 4,356円 4,356円 4,356円
4kg 9,317円 9,317円 9,317円
10kg 18,634円 18,634円 18,634円

ハッピーキャットの公式通販サイトと楽天市場、Amazonで「カリナリー ファームラム」の販売状況を調査してみたところ、公式通販サイトの販売価格と楽天・Amazonの最安値は変わらずという結果になりました!
(※販売状況と販売価格は2023年9月に確認しました)

最近は東京近郊や大阪近郊を中心にして店頭販売している店舗も増えてきてはいますが、まだまだ取扱店が少ないプレミアムフードなので、ハッピーキャットを買うなら販売状況を確認できる通販サイトを利用するのがおすすめです。

ネット通販となるとハッピーキャットの販売店はかなり多いですし、通販サイトは一定金額以上の購入で送料無料となる販売店もありますからね。

ただ、どうしてもペットショップやホームセンターで実物を見てから購入したいという方もいると思うので、その場合は近くに販売店があるか確認してみてください。
販売店一覧-【公式】HAPPY CAT-ドイツ製の無添加ナチュラルキャットフード

公式サイトの定期購入プログラムについて

ハッピーキャットの公式通販サイトでは、定期購入プログラム(定期コース)が導入されています。

都度買い時よりも安く購入できるわけではありませんが、定期購入プログラムを利用した時には購入金額の10%がポイントとして還元され、ポイントは1ポイント1円として使うことができます。

定期購入プログラムは3回以上の利用が条件となっている点には注意が必要ですが、継続して愛猫にハッピーキャットを与えたいと考えているなら、ポイント還元率が高い定期購入プログラムを利用するのがおすすめです。

なお、公式通販サイトの送料無料ラインは、【1回の注文金額が5,500円以上】となっています。

ハッピーキャット キャットフードの総合評価

項目 詳細
原材料 4.0
成分 4.0
安全性 5.0
食いつき 4.0
コスパ 2.0
総合評価 Bランク
(S~Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
330円/50g
1,331円/300g
4,356円/1.3kg
9,317円/4kg
18,634円/10kg
※ドライフード「カリナリー ファームラム」
※2023年9月に公式サイト・楽天・Amazonで確認
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 ドイツ
販売会社 ワールドプレミアム株式会社

当サイトのハッピーキャット キャットフードの総合評価はBランクです。

年齢や飼育環境、体質に合わせた様々なドライフードを販売しているだけでなく、人工の酸化防止剤・香料・着色料といった添加物が使われていないことが大きな魅力と言えます。

販売価格に関しては市販の国産フードと比べると決して安いとは言えないものの、「食いつきがいい」という内容のレビューが比較的多かったことも評価できます。

【愛猫には安全性に配慮された高品質なフードを与えたい】と考えているなら、ぜひ一度お試ししてみてください。