銀のスプーン 三ツ星グルメのパッケージ画像

ユニチャームが製造・販売しているキャットフード「銀のスプーン 三ツ星グルメ」。

今回は三ツ星グルメを愛猫に与えている方々の口コミ・評判を109件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひ愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

銀のスプーン 三ツ星グルメの悪い口コミ・評判

銀のスプーン 三ツ星グルメの悪い口コミ・評判は「気になる原材料が使われている」、「期待していたけどあまり食べない」、「市販の国産フードの中では少し高め」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、三ツ星グルメには人工の着色料が使われていることや、猫は食の好みが激しい動物ということが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 着色料が気になる(8件)
  • 食いつきは今ひとつ(4件)
  • 値段が高い(4件)
  • 我が家の猫には合わなかった(1件)
  • 成分バランスが気になる(1件)

という結果になっています。

着色料が気になる

今回調査した悪い口コミ・評判で一番多かったのは、「着色料が使われているのが気になる」というレビューでした。

三ツ星グルメには赤色●号、黄色●号といった人工の着色料が使われています。

もちろん決められた基準を超えないように使われていますが、そもそもの問題として猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているため、猫目線で考えれば着色料を使って色味をつける意味はありません。

 

それなのに着色料を使って色味をつけるのは、猫ではなく私たち飼い主である人間の興味を惹くためです。

こういった理由もあり、安全性最優先でフードを選びたいと考えている愛猫家からは、着色料が使われているフードは敬遠されがちな傾向があります。

食いつきは今ひとつ

次に多かった悪い口コミ・評判は、「食べない・食べなくなった」という内容のレビューでした。

食いつきのよさを評価するレビュー件数に比べれば圧倒的に少ないですが、どんな猫でも絶対に食いつきがいいフードはまず存在しないというのも事実です。

ただ、三ツ星グルメからは様々な風味のドライフードやパウチタイプのウェットフード、猫用おやつが販売されており、愛猫の食の好みに合わせて選びやすいことは強みと言えます。

値段が高い

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「三ツ星グルメは値段が高い」というレビューでした。

実際には三ツ星グルメのドライフードの100gあたりの価格は約110円程度と、穀物不使用のグレインフリーフードに比べれば安価なフードですが、普通の銀のスプーンよりは割高です。

三ツ星グルメは嗜好性にこだわった製法や梱包方法が採用されているものの、もしかしたら愛猫の好みによっては普通の銀のスプーンでいいと感じるかもしれません。

我が家の猫には合わなかった

通販サイトとSNSで調査した口コミ・評判の中には、「我が家の猫には合わなかったようで、吐く回数が増えた」というレビューもありました。

三ツ星グルメに切り替えて吐く回数が増える理由として考えられるのは、餌の急な切り替え食物アレルギーです。

急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、三ツ星グルメに慣れるまで一時的に吐き戻しが増える可能性があります。

 

また、三ツ星グルメには穀物が主原料として使われていますが、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手で、小麦グルテンや穀物全般にアレルギーのある猫も少なくないです。

こういった理由もあり、食に敏感でお腹が弱い愛猫には三ツ星グルメのように穀物が主原料に使われたフードを与えるのはおすすめしていません。

成分バランスが気になる

そのほかには、「成分バランスが気になる」といった内容のレビューも確認できました。

公式サイトやパッケージに掲載されている成分表には、【マグネシウム・リン・カルシウム】といったミネラル含有量の記載がありません。

こういった理由もあってか、ミネラルバランスにも配慮して愛猫のフードを選びたいと考えている方にとっては手に取りづらい商品のようです。

▼総合評価をチェックする
銀のスプーン 三ツ星グルメの総合評価

銀のスプーン 三ツ星グルメの良い口コミ・評判

銀のスプーン 三ツ星グルメの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「種類が多くて食の好みに合わせやすい」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、三ツ星グルメからは様々な風味のドライフードとウェットフードが販売されていることが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(89件)
  • 種類が多いのがいい(2件)

という結果になっています。

食いつきがいい

三ツ星グルメの口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」というレビューでした。

食いつきの悪さを指摘するレビューが8件だけだったのに対して、食いつきのよさを評価するレビューが89件という割合を踏まえても、三ツ星グルメは嗜好性の高いキャットフードと捉えていいでしょう。

穀物が主原料に使われているのにも関わらず、これだけ食いつきがいいというレビューが目立つのは、風味を整えるために調味料が使われていることも理由の一つかもしれません。

種類が多いのがいい

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「三ツ星グルメは風味の種類が多いのがいい」という内容のレビューです。

ドライフードに関しては基本の風味が”お魚レシピ”で、そのほかにも”鶏ささみレシピ”や”お魚味クリームのまぐろ・たい味”といった風味や、4種類の風味が1箱に入ったアソートタイプもあります。

また、パウチタイプのウェットフードやおやつも製造・販売しており、ドライフードにウェットフードやおやつをトッピングして与えるといった使い方もできることが強みです。

銀のスプーン 三ツ星グルメの口コミ・評判まとめ

銀のスプーン 三ツ星グルメの悪い口コミ・評判は「気になる原材料が使われている」、「期待していたけどあまり食べない」、「市販の国産フードの中では少し高め」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、銀のスプーン 三ツ星グルメの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「種類が多くて食の好みに合わせやすい」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、三ツ星グルメからは様々な風味のドライフードとウェットフードが販売されていることが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 着色料が気になる
  • 食いつきは今ひとつ
  • 値段が高い
  • 我が家の猫には合わなかった
  • 成分バランスが気になる
  • 食いつきがいい
  • 種類が多いのがいい

銀のスプーン 三ツ星グルメの種類

銀のスプーン 三ツ星グルメはドライフードだけでなく、様々な食感のウェットフードまで取り揃えています。

また、三ツ星グルメは定期的にリニューアルが行われているだけでなく、期間限定の新商品が販売されることもあります。

ドライフード

シリーズ 対象 商品名
お魚レシピ 全年齢 お魚レシピ
4種のアソート
子猫 健康に育つ子ねこ用
成猫 毛玉ケア
毛玉ケア 4種のアソート
下部尿路の健康維持用 1歳〜10歳頃まで
シニア猫 10歳頃から 4種のアソート 素材入り
15歳頃から
15歳頃から 4種のアソート
20歳を過ぎてもすこやかに
お魚味クリーム 成猫 お魚味クリーム
まぐろ味レシピ3種のアソート
お魚・鶏ささみレシピ3種のアソート
シーフードレシピ3種のアソート

ドライフードには、【お魚レシピ/お魚味クリーム】といった2つのシリーズがあります。

それぞれのシリーズで粒の形状やトッピング・デコレーションに違いがあり、食にこだわりのあるグルメな愛猫にも対応しやすくなっています。

ウェットフード(パウチ)

タイプ 対象 商品名
ジュレ 全年齢 ジュレ
成猫 国産まぐろ100%使用
2種のアソート
シニア猫 ジュレ 15歳頃から
国産まぐろ100%使用 15歳頃から
20歳を過ぎてもすこやかに
フレーク 子猫 健康に育つ子ねこ用
全年齢 フレーク
成猫 国産まぐろ100%使用
国産かつお100%使用
2種のアソート
シニア猫 10歳頃から
13歳頃から
15歳頃から
20歳を過ぎてもすこやかに
国産まぐろ100%使用 15歳頃から
国産かつお100%使用 15歳頃から
とろみ仕立て 全年齢 とろみ仕立て
成猫 2種のアソート
シニア猫 15歳頃から
ポタージュ 全年齢 ポタージュ
シニア猫 15歳頃から
スープ 全年齢 スープ
シニア猫 13歳頃から

パウチタイプのウェットフードには、【ジュレ/フレーク/とろみ仕立て/ポタージュ/スープ】といった5つのタイプがあります。

子猫用以外のウェットフードはおかず用ウェットフードなので、成猫・シニア猫用はドライフードにトッピングして与えたり、水分補給目的で与えることを前提に購入するようにしましょう。

おやつ

シリーズ 対象 商品名
とろリッチ 子猫 子ねこ用
成猫 とろリッチ
3種のアソート
総合栄養食とろリッチ 全年齢 2種のアソート
3種のアソート
つぶリッチ 成猫 つぶリッチ
3種のアソート
ぷるリッチ 全年齢 ぷるリッチ
無添加とろリッチ 成猫 無添加とろリッチ
3種のアソート
お魚味クッキーサンド 成猫 お魚味クッキーサンド

おやつに関しては、【とろリッチ/総合栄養食とろリッチ/つぶリッチ/ぷるリッチ/無添加とろリッチ/お魚味クッキーサンド】の6シリーズとなっています。

とろリッチは”ちゅ~る”のようなスティックタイプのウェットフードで、つぶリッチはつぶつぶ具材が入って食べごたえのある食感になっています。

そして、ぷるリッチはその名の通り、ぷるぷるジュレタイプのおやつです。

お魚味クッキーサンドはまさに人間用のクッキーのような見た目で、魚味のうまみ層がクッキー風の生地で挟まれています。

▼総合評価をチェックする
銀のスプーン 三ツ星グルメの総合評価

銀のスプーン 三ツ星グルメの原材料の評価

原材料一覧
穀類(トウモロコシ小麦粉コーングルテンミールパン粉)、肉類(ビーフミール、チキンミール、ポークミール、チキンエキス)、油脂類、魚介類(フィッシュエキス、フィッシュミール、まぐろミール、かつお節、煮干パウダー、白身魚ミール、乾燥シラス)、ビール酵母、酵母エキス、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、リン、亜鉛)、調味料、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、着色料(二酸化チタン、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)
※食物アレルギーの原因になりやすい原材料、品質が不明瞭な原材料、気がかりな人工添加物は赤色で記載

ここからは、銀のスプーン 三ツ星グルメの原材料を評価していきます!
(※表はドライフードの「お魚レシピ」の原材料一覧です)

穀物が主原料のドライキャットフード

銀のスプーン 三ツ星グルメの原材料一覧を見てまず気になったのは、消化不良の原因になりやすい穀物が主原料に使われていることです。

口コミ・評判の項目でも説明したように、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手で、小麦グルテンや穀物全般にアレルギーのある猫は少なくありません。

 

また、”油脂類”という記載がありますが、これだけでは具体的に何の油が使われているのかが分かりませんし、”ミール”の品質についての説明がされていないことも不安要素です。

原材料一覧を見た限りでは人工の酸化防止剤は使われていませんが、油脂類に使われている酸化防止剤は原材料に記載する必要がないため、製造過程で酸化を防ぐために人工の酸化防止剤が使われている可能性も否定できません。

猫にとっては必要のない人工の着色料が使われているのもデメリットですし、調味料が使われていることも気がかりです。

銀のスプーン 三ツ星グルメの成分の評価

成分表
タンパク質 30.0%以上
脂質 16.0%以上
粗繊維 3.0%以上
粗灰分 7.0%以上
水分 10.0%以上
エネルギー
(100gあたり)
400kcal

原材料の次は、銀のスプーン 三ツ星グルメの成分を評価していきます。
(※表はドライフードの「お魚レシピ」の原材料一覧です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

三ツ星グルメの「お魚グルメ」のタンパク質は30%、脂質は16%、100gあたりのカロリーは400kcalと、成分表を見る限りではホームセンターでよく見かける国産ドライキャットフードと大差ない、という印象を受けます。

ただ、穀物が主原料に使われていることを踏まえると植物性タンパク質の割合がかなり多いと予想できることから、三ツ星グルメは肉食動物の猫本来の食事内容に配慮されたフードとは言いづらいです。

そのため、タンパク質の内容にもこだわって愛猫のフードを選びたいと考えている場合には、良質な肉原材料が主原料として使われているフードがおすすめしています。

それと、お魚グルメの脂質はやや控えめなものの、カロリーがかなり高めになっているので、食欲旺盛で給餌量の調整が難しい猫用フードとしては向いていません。

▼総合評価をチェックする
銀のスプーン 三ツ星グルメの総合評価

銀のスプーン 三ツ星グルメの給餌量

体重 1日あたりの給餌量
2~3kg 40~55g
3~4kg 55~70g
4~5kg 70~80g
5~6kg 80~95g
6~7kg 95~105g

銀のスプーン 三ツ星グルメの「お魚グルメ」の成猫の給餌量の目安は表の通りです。

そのほかのラインナップのパッケージにも体重別の給餌量の目安が掲載されていますが、実際には猫の体質や運動量によって適量は変わってきます。

そのため、餌を切り替えてからしばらくの間はこまめに体重を量って給餌量を調整するようにしましょう。

シニア猫の給餌量に関しては、成猫の給餌量から1~2割減らしたくらいの量を目安にしてみてください。

 

なお、育ち盛りの子猫はたくさんの栄養が必要なので、生後半年くらいまでの間は愛猫にあげる量にあまり神経質になりすぎず、基本的には欲しがるだけ食べさせて大丈夫です。

生後半年以降は必要なエネルギー量が減っていくため、表を参考にしながら徐々に給餌量を調整しましょう。

銀のスプーンと三ツ星グルメの違い

「銀のスプーン」と「銀のスプーン 三ツ星グルメ」の違いについてですが、実は原材料の内容や成分バランスはほとんど変わりません。

ただ、三ツ星グルメは名前から想像できるように嗜好性にこだわっており、焼き上げ製法を採用していたり粒の中にまぐろが入っていたりという違いがあります。

また、三ツ星グルメは風味が薄れたり品質の劣化を防ぐために小分け包装されているのも違いです。

▼銀のスプーンの詳しい解説はこちら
銀のスプーン(猫用)の評判は?悪い口コミも踏まえて総合的に評価!

通販(公式・楽天・Amazon)で価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
240g
(20g×12袋)
257円 288円

公式サイトとAmazon、楽天市場で銀のスプーン 三ツ星グルメの「お魚グルメ」の販売価格を調査してみたところ、公式サイトでの販売はなく楽天が最安値という結果になりました!

ペットショップやホームセンターでも取り扱っている店鋪は多いですが、通販サイトは定価よりも安く売られていることも多いですし、一定金額以上の購入で送料無料となる販売店もあるので、継続して購入する場合は通販サイトでまとめ買いするのがお得です。

通販ならわざわざ重い袋を運ぶ手間も省けますしね。

銀のスプーン 三ツ星グルメの総合評価

項目 詳細
原材料 1.0
成分 3.0
安全性 2.0
食いつき 5.0
コスパ 3.0
総合評価 Dランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量 257円/240g
※ドライフード「お魚グルメ」
※調査した時点の最安値
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 ドライフード:日本
ウェットフード:タイ
販売会社 ユニ・チャーム株式会社

当サイトの銀のスプーン 三ツ星グルメの総合評価はDランクです。

穀物が主原料として使われた銀のスプーンの三ツ星グルメは猫本来の食事内容に配慮されたフードとは言いづらいですし、猫にとって必要のない人工添加物が使われていることも不安な要素です。

ただ、その代わりに肉原材料が主原料に使われたプレミアムフードよりも価格が安く、猫の好みに合わせて様々な風味と食感のフードを取り揃えているという強みもあります。

たとえ品質のいいフードを購入しても継続できなければ意味がないので、愛猫の餌代に月々いくらかけられるかをしっかりと考え、自分なりに価格と品質のバランスが取れていると思えるフードを購入するのが一番おすすめです。