銀のスプーン(キャットフード)のパッケージ画像

ユニ・チャームのキャットフードブランド「銀のスプーン」からは、猫の食の好みや飼育環境に合わせた様々なキャットフードが販売されています。

今回はそんな銀のスプーンを実際に購入した方々の口コミ・評判を107件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けてまとめてみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひ愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

銀のスプーン(猫用)の悪い口コミ・評判

銀のスプーン(猫用)の悪い口コミ・評判は「気になる原材料が使われている」、「我が家の猫には合わなかった」、「食いつきがいいだけに値段が高い」といった内容のレビューがあり、特に原材料の内容を気にするレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、銀のスプーンには人工の着色料が使われていることが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 人工添加物が気になる(4件)
  • 我が家の猫には合わなかった(3件)
  • 吐く回数が増えた(2件)
  • 値段が高い(1件)

という結果になっています。

人工添加物が気になる

銀のスプーンの悪い口コミ・評判で一番多かったのが、「人工添加物が気になる」というレビューです。

銀のスプーンには赤色●号、黄色●号といった人工の着色料が使われています。

もちろん定められた基準を超えないように使われているものの、猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているため、猫の立場になって考えれば着色料を使ってまで色味をつける意味はありません。

 

それなのに着色料を使って色味をつけているのは、猫ではなく飼い主である私たち人間の興味を惹くためです。

こういった理由もあり、安全性最優先でフードを選びたいと考えている愛猫家からは人工の着色料が使われているフードは避けられがちな傾向があります。

我が家の猫には合わなかった

次に多かった悪い口コミ・評判は「我が家の猫には合わなかった」といった内容のレビューで、具体的には「吐く回数が増えた」というレビューや、「軟便・下痢気味になった」というレビューを確認できました。

吐く回数が増えたり軟便・下痢気味になる理由として考えられるのは、餌の急な切り替え食物アレルギーです。

急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、銀のスプーンに慣れるまで一時的に吐き戻しが増えたり下痢気味になる可能性があります。

 

また、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手なため、穀物が過剰に使われたフードを与えると下痢・嘔吐といった消化不良を起こす可能性もあります。

小麦グルテンや穀物全般にアレルギーを持つ猫も少なくないので、愛猫が食に敏感な場合は銀のスプーンを与えるのは避けた方がいいでしょう。

また、特定の肉原材料や食いつきをよくするために使われている油脂類がアレルギーの原因になることもあり、食物アレルギーに関しては地道に原因を特定していくしかありません。

値段が高い

今回調査した口コミ・評判の中には、「銀のスプーンは値段が高い」というレビューもありました。

ただ、実際には銀のスプーンのドライフードの100gあたりの値段は70円程度で、穀物不使用のプレミアムフードは4~5倍以上の値段で売られています。

キャットフードの相場的にはかなり安い商品と言えますが、値段が安い代わりに原材料の内容と品質面に不安が残る商品です。

▼総合評価をチェックする
キャットフード「銀のスプーン」の総合評価

銀のスプーン(猫用)の良い口コミ・評判

銀のスプーン(猫用)の良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「海外産のプレミアムフードよりもお手頃な値段」、「我が家の猫には合っている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、銀のスプーンからは風味が形状が違う豊富なキャットフードが販売されていることや、原材料の内容と割合が関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(49件)
  • お手頃な値段(23件)
  • 小粒で食べやすそう(11件)
  • 我が家の猫には合っている(11件)
  • 成分バランスがいい(5件)

という結果になっています。

食いつきがいい

今回調査した全107件の口コミ・評判のうち、「食いつきがいい」というレビューが5割近くを占めていました。

また、「食べない」というレビューを全く見かけなかったことを踏まえると、銀のスプーンは嗜好性の高いキャットフードと捉えて良さそうですね。

銀のスプーンはドライフードだけでなくウェットフードも販売しており、風味だけでなく食感の好みで選べることも強みと言えます。

お手頃な値段

次に多かった口コミ・評判は、「銀のスプーンはお手頃な値段で販売されている」というレビューです。

穀物が主原料として使われていることや品質が不明瞭な原材料が使われていること、そして危険性のある人工添加物が使われていることが不安要素ですが、どうしても猫の餌代にお金をかけられない事情があるなら魅力的なフードと言えるでしょう。

無理をして品質のいいフードを購入したとしても、継続できなければほとんど意味がありませんしね。

小粒で食べやすそう

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「小粒で食べやすそう」というレビューです。

銀のスプーンは種類によって粒の形状が違いますし、缶詰タイプとパウチタイプのウェットフードも販売しているので、愛猫の好みに合わせて商品を選びやすいというメリットがあります。

また、価格の安いキャットフードということもあり、愛猫が気に入らなかった場合の金銭的な損失が少ないのもメリットと言えるでしょう。

我が家の猫には合っている

調査した口コミ・評判の中には「我が家の猫には合っているようで、銀のスプーンに切り替えら吐く回数が減った」というレビューもありました。

これはドライフードの”食事の吐き戻し軽減フード”のレビューで、この商品は猫に多い食事の吐き戻しを軽減する世界初のドライフードとして特許登録もされています。

小麦グルテンや穀物全般にアレルギーのある猫には対応できませんが、一気食いが原因で粒のまま吐き戻してしまう傾向がある愛猫にはお試ししてみる価値はあるでしょう。

成分バランスがいい

そのほかには、「銀のスプーンは成分バランスがいい」という内容のレビューも確認できました。

銀のスプーンは公開されている成分値の情報が少ないため、成分バランスに関してあまり細かいことは言及できないのですが、「贅沢うまみ仕立て」は子猫からシニア猫にまで対応した主食用ドライフードということは事実です。

ただ、主原料に肉類が使われているか穀物が使われているかでタンパク質の内容が変わってきますし、成分値以上に原材料の品質と価格面に注目して購入を検討することをおすすめします。

銀のスプーン(猫用)の口コミ・評判まとめ

銀のスプーン(猫用)の悪い口コミ・評判は「気になる原材料が使われている」、「我が家の猫には合わなかった」、「食いつきがいいだけに値段が高い」といった内容のレビューがあり、特に原材料の内容を気にするレビューが多い傾向にありました。

その一方で、銀のスプーン(猫用)の良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「海外産のプレミアムフードよりもお手頃な値段」、「我が家の猫には合っている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、銀のスプーンからは風味が形状が違う豊富なキャットフードが販売されていることや、原材料の内容と割合が関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 人工添加物が気になる
  • 我が家の猫には合わなかった
  • 値段が高い
  • 食いつきがいい
  • お手頃な値段
  • 小粒で食べやすそう
  • 我が家の猫には合っている
  • 成分バランスがいい

キャットフード「銀のスプーン」の種類

銀のスプーンのラインナップはドライフードだけでなく、缶詰タイプのウェットフードやパウチタイプのウェットフードもあります。

ドライフード

シリーズ 対象 商品名 風味
贅沢うまみ仕立て 全年齢 贅沢うまみ仕立て 【まぐろ・かつお・煮干し・白身魚・しらす入り】、【まぐろ・かつお・煮干し・ささみ・緑黄色野菜入り】
子猫 健康に育つ子ねこ用 【まぐろ・かつお・煮干し・白身魚・しらす入り】
成猫 毛玉ケア 【まぐろ・かつお・煮干し・白身魚・しらす入り】
下部尿路の健康維持用 1歳〜10歳頃まで 【まぐろ・かつお・煮干し・白身魚・しらす入り】
食事の吐き戻し軽減フード 【まぐろ・かつお・煮干し・白身魚・しらす入り】
シニア猫 10歳頃から 【まぐろ・かつお・煮干し・白身魚・しらす入り】
13歳頃から 【まぐろ・かつお・煮干し・白身魚・しらす入り】
15歳頃から 【まぐろ・かつお・煮干し・白身魚・しらす入り】
20歳を過ぎてもすこやかに 【まぐろ・かつお・煮干し・白身魚・しらす入り】
贅沢素材バラエティ 全年齢 贅沢素材バラエティ 【まぐろ・かつお・白身魚味】
2種のアソート 【まぐろ・かつお・白身魚味】
成猫 毛玉ケア 【まぐろ・かつお・白身魚味】
肥満が気になる猫用 【まぐろ・かつお・ささみ・野菜味】
食事の吐き戻し軽減フード 【まぐろ・かつお・白身魚味】
シニア猫 15歳頃から 【まぐろ・かつお・白身魚味】

ドライフードには【贅沢うまみ仕立て】と【贅沢素材バラエティ】といった2つのシリーズがあり、年齢や飼育環境、食の好みに合わせて原材料の内容や成分バランスを調整したフードを取り揃えています。

特に、【贅沢素材バラエティ】はドライフードに小魚やかつお節、まぐろ味フレークがトッピングされており、食にこだわりのあるグルメな猫向けの商品と捉えることができますね。

なお、”食事の吐き戻し軽減フード”は特許も登録済みの吐き戻しを軽減する世界初のドライフードですが、小麦グルテンや穀物全般にアレルギーがあって吐き戻している場合には対応できないということに注意してください。

ウェットフード(パウチ)

対象 商品名 風味
子猫 健康に育つ子ねこ用 【まぐろ・かつお】
健康に育つ子ねこ用 2種のアソート 【まぐろ・かつお】、【まぐろ・かつおにささみ入り】
成猫 銀のスプーン(パウチ) 【まぐろ】、【まぐろ・かつおにかつお節入り】、【まぐろ・かつおにささみ入り】、【まぐろ・かつおにしらす入り】
2種のアソート 【まぐろ/まぐろ・かつおにかつお節入り】、【まぐろ/まぐろ・かつおにささみ入り】、【まぐろ/まぐろ・かつおにしらす入り】
とろみ仕立て 【まぐろ】、【まぐろ・かつおにささみ入り】
旨ほぐし仕立て 【まぐろ入りかつお】、【ささみ・まぐろ入りかつお】
シニア猫 10歳頃から 【まぐろ】
13歳頃から 【まぐろ】、【まぐろ・かつおにささみ入り】
15歳頃から 【まぐろ】、【まぐろ・かつおにささみ入り】
15歳頃から 2種のアソート 【まぐろ】、【まぐろ・かつおにささみ入り】
20歳を過ぎてもすこやかに 【まぐろ】

パウチタイプのウェットフードは子猫用が2種類、成猫用が4種類、シニア猫用が5種類というラインナップになっています。
(※風味の違いは考慮していません)

ウェットフード(缶詰)

対象 商品名 風味
子猫 健康に育つ子ねこ用 【まぐろ・かつお】、【お魚とささみミックス】
成猫 銀のスプーン(缶) 【まぐろ】、【まぐろ・かつおにかつお節入り】、【まぐろ・かつおにささみ入り】、【まぐろ・かつおにしらす入り】
とろみ仕立て 【まぐろ】、【まぐろ・かつおにささみ入り】
お魚とささみミックス 【しらす入り】、【かつお節入り】
シニア猫 10歳頃から 【まぐろ】
13歳頃から 【まぐろ】、【まぐろ・かつおにかつお節入り】、【まぐろ・かつおにささみ入り】
15歳頃から 【まぐろ】、【まぐろ・かつおにささみ入り】
20歳を過ぎてもすこやかに 【まぐろ】

缶詰タイプのウェットフードは子猫用が1種類、成猫用が3種類、シニア猫用が4種類というラインナップになっています。
(※風味の種類は考慮していません)

おやつ

シリーズ タイプ 商品名 風味
おいしい顔が見られるおやつ ドライ おいしい顔が見られるおやつ(カリカリ) 【シーフード】、【シーフード&チキン】、【チキン&チーズ】、【シーフードかつお節入り】、【たい味】
毛玉ケア 【シーフード】
低カロリー設計 【シーフード】
腎臓の健康維持用 【シーフード】
ソフト おいしい顔が見られるおやつ(しっとり) 【シーフード】、【シーフード&チキン】
ウェット おいしい顔が見られるおやつ(とろ〜り) 【まぐろ】、【まぐろ・かつお節入り】
ぷるぷるジュレ 【かつお節入り】、【かにかま入り】

【おいしい顔が見られるおやつ】はドライタイプが4種類、ソフトタイプが1種類、ウェットタイプが2種類というラインナップになっています。

おやつだけでは必要な栄養をバランスよく摂り入れることができないので、くれぐれも与えすぎには気をつけてくださいね。

▼総合評価をチェックする
キャットフード「銀のスプーン」の総合評価

銀のスプーン(猫用)の原材料の評価

原材料一覧
穀類(トウモロコシコーングルテンミール小麦粉パン粉)、肉類(チキンミール、ポークミール、ビーフミール、チキンエキス)、油脂類、魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、煮干パウダー、鰹節、マグロミール、カツオミール、白身魚ミール、乾燥シラス)、ビール酵母、酵母エキス、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、リン、亜鉛)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、着色料(二酸化チタン赤色102号赤色106号黄色4号黄色5号)、調味料、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)
※食物アレルギーの原因になりやすい原材料、品質が不明瞭な原材料、気がかりな人工添加物は赤色で記載

ここからは、銀のスプーン(猫用)の原材料の安全性を評価していきます!
(※表はドライフードの「贅沢うまみ仕立て」の原材料一覧です)

穀物が主原料かつ内容が不明瞭な原材料あり

まず、銀のスプーンは第一原材料に穀物を使用しています。

口コミ・評判の項目で説明したように、小麦グルテンや穀物全般にアレルギーを持つ猫は少なくなく、穀物が過剰に使われたフードを食べると消化不良を起こす猫もいます。

また、原材料には”油脂類”という記載がありますが、これだけでは具体的に何が使われているのか全く分かりません。

 

そして、油脂類に酸化防止剤を使っていても原材料に表記する必要はなく、酸化を防ぐために人工の酸化防止剤が使われている可能性があるのが不安要素です。

具体的な原材料や製造方法の詳細はメーカーにしか分からないので、最終的にメーカーをどこまで信頼できるのかという問題になってきます。

それに加えて、銀のスプーンには猫にとっては必要のない添加物である”人工着色料”が使われていることも不安要素と言えます。

銀のスプーン(猫用)の成分の評価

成分表
タンパク質 30.0%以上
脂質 16.0%以上
粗繊維 3.0%以下
粗灰分 7.0%以下
水分 10.0%以下
マグネシウム 0.09%
エネルギー
(100gあたり)
400kcal

原材料の次は、銀のスプーンの成分をチェックしていきましょう。
(※表はドライフードの「贅沢うまみ仕立て」の原材料一覧です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

子猫からシニア猫にまで与えることができるドライフードの「贅沢うまみ仕立て」のタンパク質は30%、脂質は16%と、一般的な全年齢対応ドライフードと比較するとやや控えめになっています。

そして、穀物が主原料として使われていることを踏まえると、植物性タンパク質の割合がかなり多いと予想できますね。

その一方で、100gあたりのカロリーは約400kcalと高めなので、食欲旺盛で給餌量の調整が難しい猫用フードとしては向いていません。

ただ、銀のスプーンからはカロリーが控えめなドライフードも販売されているので、餌を食べすぎてしまう傾向がある猫にはそちらを選ぶといいでしょう。

 

成分表を見てそのほかに気になったことは、カルシウムとリンの含有量が掲載されていないことです。

キャットフードの理想的なミネラルバランスは【カルシウム:リン:マグネシウム=1:0.8:0.08】と考えられていますが、カルシウムとリンの含有量が分からないことには評価のしようがない・・・というのが率直な感想です。

▼総合評価をチェックする
キャットフード「銀のスプーン」の総合評価

銀のスプーン(猫用)の給餌量

体重 給餌量
2~3kg 40~55g
3~4kg 55~70g
4~5kg 70~80g
5~6kg 80~95g
6~7kg 95~105g

銀のスプーンの「贅沢うまみ仕立て」の成猫の給餌量は表の通りですが、実際には猫の体質や運動量によって適量は変わってきます。

そのため、餌を切り替えてからしばらくの間はこまめに体重を量って給餌量を調整するようにしましょう。

シニア猫の給餌量に関しては、成猫の給餌量から1~2割減らしたくらいの量を目安にしてみてください。

 

なお、育ち盛りの子猫はたくさんの栄養が必要なので、生後半年くらいまでの間は愛猫にあげる量にあまり神経質になりすぎず、基本的には欲しがるだけ食べさせて大丈夫です。

生後半年以降は必要なエネルギー量が減っていくため、表を参考にしながら徐々に給餌量を調整しましょう。

最安値は?公式・Amazon・楽天で価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
1.0kg 701円 792円

銀のスプーンの公式サイトとAmazon、楽天市場でドライフードの贅沢うまみ仕立て(1.0kg)の販売価格を調査してみたところ、公式サイトでの販売はなく楽天が最安値という結果になりました。

ペットショップやホームセンターでも取り扱っている店鋪は多いですが、通販サイトは一定金額以上の購入で送料無料となる販売店もあるので、継続して購入する場合は通販サイトでまとめ買いするのがおすすめです。

通販ならわざわざ重い袋を運ぶ手間も省けますしね。

キャットフード「銀のスプーン」の総合評価

項目 詳細
原材料 1.0
成分 3.0
安全性 2.0
食いつき 5.0
コスパ 5.0
総合評価 Cランク
(S~Eの6段階評価)
価格/内容量 701円/1.0kg
※贅沢うまみ仕立て
※調査した時点の最安値
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 ドライフード:日本
ウェットフード:タイ
販売会社 ユニ・チャーム株式会社

当サイトのキャットフード「銀のスプーン」の総合評価はCランクです。

穀物が主原料として使われた銀のスプーンは猫本来の食事内容に配慮されているとは言いづらいですし、猫にとって必要のない人工添加物が使われていることも不安な要素です。

ただ、その代わりに【お手頃な値段で販売されていて継続して購入しやすいキャットフード】というメリットがあります。

たとえ品質のいいフードを購入しても継続できなければ意味がないので、愛猫の餌代に月々いくらかけられるかをしっかりと考え、自分なりに価格と品質のバランスが取れていると思えるフードを購入するのが一番おすすめです。