ニュートロ デイリーディッシュの口コミは?愛猫家の評判を徹底調査!

高品質な肉原材料がたっぷりと使われたニュートロのウェットフード「デイリーディッシュ」。

今回はそんなデイリーディッシュの口コミ・評判を115件調査し、悪い口コミと良い口コミに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

デイリーディッシュ(猫用)の悪い口コミ・評判

デイリーディッシュ(猫用)の悪い口コミ・評判は「何回か与えているけどあまり食べない」、「お店でよく見かける国産ウェットフードと比べると値段が高い」といった内容のレビューがあり、特に食いつきが悪いというレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、猫は食の好みが激しい動物ということや、デイリーディッシュには人工の香料が使われていないことが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきは今ひとつ(6件)
  • 値段が高い(3件)

という結果になっています。

なお、口コミ・評判は2021年1月に楽天、Amazon、ツイッター、インスタグラムで調査し、2023年6月にツイッターとインスタグラムで追加調査を行いました。

食いつきは今ひとつ

今回調査した全115件の口コミ・評判のうち、「食べない・食べなくなった」というレビューが6件ありました。

食いつきのよさを評価するレビュー件数より遥かに少ないですが、どんな猫でも絶対に食いつきがいいフードはまず存在しないというのも事実です。

また、一般的には人工の香料で風味が整えられたフードの方が嗜好性が高い傾向にありますが、デイリーディッシュは原材料そのものの香りを活かして風味が整えられています。

そのため、人工の香料が使われたフードを食べ慣れている猫には、デイリーディッシュの香りにあまり魅力を感じられない可能性はあります。

値段が高い

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「デイリーディッシュは値段が高い」というレビューです。

デイリーディッシュは高品質な肉原材料を使ったグレインフリーのウェットフードということで、ホームセンターでよく見かけるお値打ち価格のウェットフードよりは高額です。

ただ、決して高すぎるわけでもなく、品質と価格のバランスが取れたウェットフードを与えたいと考えている方々を中心に購入されている印象を受けました。

▼総合評価をチェックする
ニュートロ デイリーディッシュの総合評価

デイリーディッシュ(猫用)の良い口コミ・評判

デイリーディッシュ(猫用)の良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「安心して愛猫に食べさせられる」、「お手頃な値段で販売されている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、デイリーディッシュには高品質な肉原材料がたっぷりと使われていることや、合成保存料・香料・着色料といった添加物が使われていないことが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(68件)
  • 原材料に安心感がある(17件)
  • お手頃な値段(10件)
  • 成分バランスがいい(9件)
  • 我が家の猫には合っている(2件)

という結果になっています。

食いつきがいい

今回調査した口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」という内容のレビューでした。

食いつきが悪いというレビューが6件、食いつきがいいというレビューが68件という割合を踏まえても、デイリーディッシュの嗜好性は一般的なキャットフードよりもワンランク上と捉えてよさそうです。

また、デイリーディッシュには風味や形状の違うラインナップがあり、食にこだわりのあるグルメな愛猫の好みに合わせやすいことも強みと言えます。

原材料に安心感がある

次に多かった口コミ・評判は、「デイリーディッシュは原材料に安心感がある」という内容のレビューです。

一部のキャットフードには合成保存料や着色料が使われていますが、デイリーディッシュにはそれらの添加物が使われていません。

それに加えて、デイリーディッシュには人工の香料も使われていませんし、猫にとって必要のないものが一切使われていないデイリーディッシュは、人間目線ではなく猫目線で作られているキャットフードと捉えることができますね。

お手頃な値段

良い口コミ・評判の中には、「デイリーディッシュはお手頃な値段で販売されている」というレビューもありました。

さすがに激安価格とは言えないデイリーディッシュですが、合成保存料・香料・着色料が使われていないグレインフリーのウェットフードの中には、デイリーディッシュの3~4倍以上の価格で販売されている商品もあります。

毎日デイリーディッシュだけを与えるとなると餌代が高くなりますが、ドライフードと併用して与える分には負担になりにくい価格帯のウェットフードです。

成分バランスがいい

そのほかには、デイリーディッシュの成分バランスを評価するレビューも確認できました。

トッピング用やおやつ用として販売されているウェットフードが多い中、デイリーディッシュは主食として与えることができる基準を満たしたウェットフードです。

そのため、ドライフードにトッピングして与えるだけでなく、何かしらの事情があってドライフードが食べられない時の代わりに与えることもできます。

我が家の猫には合っている

今回調査した口コミ・評判の中には、「我が家の猫には合っている」というレビューもありました。

この理由として考えられるのは、デイリーディッシュにはアレルギーの原因になりにくい原材料が使われていることです。

安さをウリにしているフードの多くには穀物が使われており、小麦やトウモロコシが含まれていることは珍しくありません。

 

ただ、穀物の中でも小麦とトウモロコシはアレルギーの原因になりやすい傾向にあり、体質によっては下痢や吐き戻しといった消化不良に繋がります。

それに対して、デイリーディッシュはグレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用しているので、小麦やトウモロコシはもちろん、穀物全般にアレルギーのある愛猫にも問題なく与えられます。

デイリーディッシュ(猫用)の口コミ・評判まとめ

デイリーディッシュ(猫用)の悪い口コミ・評判は「何回か与えているけどあまり食べない」、「お店でよく見かける国産ウェットフードと比べると値段が高い」といった内容のレビューがあり、特に食いつきが悪いというレビューが多い傾向にありました。

その一方で、デイリーディッシュ(猫用)の良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「安心して愛猫に食べさせられる」、「お手頃な値段で販売されている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、デイリーディッシュには高品質な肉原材料がたっぷりと使われていることや、合成保存料・香料・着色料といった添加物が使われていないことが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食いつきは今ひとつ
  • 値段が高い
  • 食いつきがいい
  • 原材料に安心感がある
  • お手頃な値段
  • 成分バランスがいい
  • 我が家の猫には合っている

ニュートロ デイリーディッシュの種類

シリーズ/タイプ 商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
グルメ仕立てのパテタイプ トレイ サーモン&ツナ[成猫用] 11.5% 6.0% 78.0% 43kcal/1トレイ
サーモン&チキン[成猫用] 11.5% 4.5% 78.0% 37kcal/1トレイ
チキン&エビ[成猫用] 11.5% 5.5% 78.0% 42kcal/1トレイ
チキン[成猫用] 11.5% 6.0% 78.0% 43kcal/1トレイ
ターキー[成猫用] 11.5% 7.0% 78.0% 47kcal/1トレイ
ビーフ[成猫用] 12.5% 7.0% 78.0% 48kcal/1トレイ
なめらかなムースタイプ パウチ 子猫用 チキン&ツナ 5.5% 2.0% 90.0% 21kcal/1袋
子猫用 チキン 5.5% 2.0% 90.0% 20kcal/1袋
グルメ仕立てのざく切りタイプ パウチ 成猫用 チキン&ツナ 8.5% 1.0% 87.0% 24kcal/1袋
成猫用 チキン 8.5% 1.0% 88.0% 23kcal/1袋
グルメ仕立てのそぼろタイプ パウチ エイジングケア チキン&ツナ 8.5% 1.5% 87.0% 26kcal/1袋
クリーミーなペーストタイプ パウチ シニア猫用 チキン&ツナ 8.5% 2.5% 85.0% 32kcal/1袋
シニア猫用 チキン 8.0% 2.5% 85.0% 32kcal/1袋

ニュートロのデイリーディッシュには「トレイ」、「パウチ」の2シリーズがあり、さらにパウチには4タイプに分けられています。

トレイは全て1歳以上の成猫用フードになっていますが、パウチと比べると風味の種類が多く、食にこだわりのあるグルメな成猫・シニア猫にも対応しやすいです。

なお、口コミ・評判の項目でも触れたように、デイリーディッシュは主食として与えることができる基準を満たしたウェットフードなので、主食用ドライフードの代わりにそのまま与えることもできますよ。

▼総合評価をチェックする
ニュートロ デイリーディッシュの総合評価

デイリーディッシュ(猫用)の原材料の評価

原材料一覧
チキン、鶏レバー、肉エキス、フィッシュオイル、ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類、増粘安定剤(グアーガム)

ここからは、デイリーディッシュ(猫用)の原材料を評価していきます!
(※表はパテタイプ「チキン」の原材料一覧です)

肉原材料が贅沢に使われたウェットフード

ニュートロのデイリーディッシュには肉原材料が贅沢に使われており、猫にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れることができます。

また、合成保存料・香料・着色料といった添加物も使われておらず、品質面・安全性ともにきちんと配慮されている印象を受けました。

それに加えて、グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用しており、食に敏感な愛猫にも対応しやすいことも強みです。

デイリーディッシュ(猫用)の成分の評価

成分表
タンパク質 11.5%以上
脂質 6.0%以上
粗繊維 1.0%以下
灰分 3.0%以下
水分 78.0%以下
エネルギー
(1トレイあたり)
43kcal

原材料の次は、デイリーディッシュ(猫用)の成分を評価していきます。
(※表はパテタイプ「チキン」の成分値です)

主食として与えられるウェットフード

ニュートロのデイリーディッシュの成分の大きな特徴は、【主食として与えることができる基準を満たしたウェットフード】ということでしょう。

実は、主食用として販売されているウェットフードは意外に少なく、トッピング用やおやつ用として与えることを前提に販売されているウェットフードが多いです。

そして、トッピング用・おやつ用のウェットフードばかり与えると栄養の偏りの原因になってしまいますが、デイリーディッシュなら毎日の主食としてもトッピング用としても気にせず与えることができます。

また、水分量が多いウェットフードはドライフードよりもカロリーが低いので、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある愛猫にドライフードと併用して与えるのもいいでしょう。

▼総合評価をチェックする
ニュートロ デイリーディッシュの総合評価

ニュートロ デイリーディッシュ(猫用)の給餌量

体重 1日あたりの給餌量
1kg 70g
2kg 115g
3kg 150g
4kg 185g
5kg 215g
6kg 245g
7kg 275g
8kg 300g
9kg 330g
10kg 355g

デイリーディッシュ(猫用)のパテタイプ「チキン」の給餌量の目安は表の通りです。

その他のラインナップも公式サイトに体重別の給餌量が掲載されていますが、いずれに関してもあくまで目安量でしかありません。

実際には飼育環境や体質によって適量が変わってくるので、定期的に体重を量って分量を調整しましょう。

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
1トレイ
(37.5g×2食)
266円 201円

ニュートロの公式通販サイトと楽天市場、Amazonでデイリーディッシュの販売状況を確認してみたところ、Amazonではバラ売りはされていませんでした。
(※表の価格はグルメ仕立てのパテタイプ「チキン 成猫用」のもので、販売状況と販売価格は2023年6月に確認しました)

そして、最安値は楽天という結果になりました!

ペットショップやホームセンターでも取り扱っている店鋪は増えてきましたが、店頭では定価で販売されていることが多いですし、通販サイトは一定金額以上の購入で送料無料となる販売店もあるので、継続して購入するなら通販サイトでまとめ買いするのがおすすめです。

通販サイトならまとめ買いしても持ち運びの手間がありませんしね。

ニュートロ デイリーディッシュの総合評価

項目 詳細
原材料 5.0
成分 5.0
安全性 5.0
食いつき 5.0
コスパ 3.0
総合評価 Sランク
(S~Eの6段階評価)
価格/内容量 201円/1トレイ
※グルメ仕立てのパテタイプ チキン[成猫用]
※2023年6月に公式サイト・楽天・Amazonで確認
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 アメリカ
販売会社 マースジャパンリミテッド

当サイトのニュートロ デイリーディッシュの総合評価はSランクです。

合成保存料・香料・着色料といった添加物が使われていないだけでなく、穀物不使用のグレインフリーフードということも評価できます。

また、グレインフリーのウェットフードの中ではお手頃な値段で販売されていることも魅力的です。

「食いつきがいい」という口コミ・評判も多いですし、【愛猫に品質と価格のバランスが取れたウェットフードを与えたい】と考えている場合には、ぜひ一度お試ししてみてください。